ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2012年09月30日

怪我の功名とイボタノキ


坪庭にあるリンゴの木に実がついて、今はほんわりと紅を差している。
園芸店さんから「福岡ではなかなか色づかないよ」とのご指摘だったが、
やってやれない事はない、と植樹を実行して数年が経つ代物だ。

リンゴの味わいは無施肥にも拘らずさわやかな甘さで
歯触りはシャキッとしていい感触この上ない。
きっと苗自体、質のよいものをくださった事に加えて、
「モノは試し」という気合が生きた事例だと思う。

ところが先日、カラスがやって来てこのリンゴの木にひょいと降りるや、
いきなり現物を持ち去ってしまった。
今年は天候不順で数少ない実のひとつだっただけに、なんともうらめしい。
次回、カラスさんの訪問を受けたら是非ともかわいがってあげようと思っている。

さて、かような安穏な田舎暮らしは自然界のおかげであり、
天地間の万物で共に暮らす昆虫や小動物から時折、
チャチャを入れられても文句は言えない部分があるのかもしれない。

邪魔をするといえばオリーブの成長に、
オリーブアナアキゾウムシやハマキムシなど
空からの害虫被害が唱えられているが、
こちらはモグラによるオリーブの根枯れ問題にも出くわす次第だ。
モグラが多いのはミミズが土壌に住み着いているからで良い結果ではあるらしいが、
モコモコとせり上がったモグラのトンネルを、
地面の上から麦踏みのように踏みしめながら歩く坑道潰しが日課ときては、
あまり有難くもない。

先だってモグラ除けに植えていたニワトコが枯れたのは、
ミイラ取りがミイラになってしまったからだ。
仕方なく近くの山で調達して挿し木にとりかかった。
ニワトコは根アカで厳冬以外はほぼ一年中、挿せるようだ。
しかも成長もすこぶる早い。
ニワトコは根の臭さがモグラ除けになる。
欲を言えば、ぼんやりと大きくならないで、
その任務を遂行すべくその意識を持って育ってほしいものだ。

つづいて花色がエレガントだったライラックもモグラ被害に遭う。
ところがしばらくして、枯死した根元から丸っこい形状の葉がお目見えしてきた。
それはそのまま成長し、
初夏には細いラッパの形をした白くて可憐な花をつけるようにまでになっていった。
なんの花だろうと調べてみるとイボタノキという落葉低木と判明したのだった。
どうやらライラックの接ぎ木台として使われていたイボタノキが息を吹き返したらしい。

もっと調査をするとこのイボタノキの樹皮上に寄生するカイガラムシの
イボタロウカイガラムシが分泌する「いぼた蝋」は、
ロウソクの原料や日本刀の手入れに用いるものだと判った。
イボタロウとはイボタの蝋という意味だとか。
そこへ虫という字がつくとずいぶんかわいい響きになるところが笑えるが、
イボタロウカイガラ虫とはどんな虫だろう。
滑稽そうだが仕事ぶりが和芸事に造詣が深い。
これは笑っては失礼というものだ。

それからもっとおどろいたたことは、
この葉の成分がオリーブと同じオレウロペインという
ポリフェノールだったという事だった。

そこで葉を噛んでみるととても苦かった。
その苦さはオリーブ葉というよりも
クロガネモチの葉の味に似ている。
ふむ、ふむ、この苦みがオレウロペインの味なのかな。。

実は当方を含め友人仲間内ではオリーブオイルが
魚の目に有効なことは体験実証済みであるが、
このイボタノキのいぼた蝋はイボ取りにも活躍するらしい。
ちなみにイボタノキもオリーブと同様のモクセイ科だと聞いて、
イボと魚の目がつなぐオエウロペインの不思議な縁に感じ入っている。

思うに、うちのモグラ君がライラックを枯らさなければ
イボタノキは接ぎ木のままの道程であったに違いない。
そしてわたくしもイボタノキの名前はおろか、
オリーブの他にもオレウロペインの化合物を持つ植物が存在することを、
知らないまま過ごしているのだなぁ。
そう考えるとライラックさんには申し訳ないが、
今回の怪我の功名ではモグラ君に大感謝だ。

先日、ふと見たテレビのクイズ番組で、
モグラを漢字で書くと「土竜」たる所以を、
地面下で掘り進む道穴が竜が空を泳ぐ姿に似ているからだと語られていた。
なるほど、なるほど。



posted by イイジオリーブ at 21:07| Comment(0) | イボタノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

オリーブのこと


オリーブ・マンザニロ種のたわわな実があれよ、あれよと言う間に膨らんで、
豊かに色づきだしたのは去る8月末のこと。
あわてて収穫から渋抜きに至り塩漬けの行程を踏んでいる最中に、
マンザニロくんの奉公先が決まった。めでたい。

たしかにマンザニロくんのアイディンティティーは『早生』だ。
しかし、それにしてもお彼岸前であるのになぁ、
と、うつろ、うつろしながら暮らしていると早くも時は、
お中日も過ぎて当月も「虫隠れて戸を閉ざす」と謳われる月末を迎えた。
その季節の移ろいを実感しながらミッション種は、
いまかいまかと出番を待つ体制にある。

さてこちら周辺は、
真夏にあっても夕暮れると山斜面の木々の密集した坂から冷気が下りてきて、
辺りの温度がストンと落ちるや、にわかに涼しくなる。
今夏は長雨も手伝ってかその落差がたいへん大きかった。
きっと、例年にないこの環境がマンザニロくんの成長を促したのだろう。
夜中になると夏場でも冷えて陰体質には羽根布団が手放せない。
人生には三つの坂があるというけれど
里山に在るあんな坂、こんな坂、真夏のまさかである。

ところで当地に移り住む前のころ、
鉢植えのオリーブには施肥を行い地植えのものは庭木の腐葉土のみの無肥料で育てていた。
思いもかけず施肥と無施肥のその差が現れたのは、
こちらに住まいを変えてから
その両方を地に下ろして1~2年ほど経った時だった。

それまでは施肥、無施肥のどちらとも元気・快活・爽快・暴れん坊の
多重構造みたいなオリーブの木だったのだ。
特に「鉢」という足かせをはずしたオリーブは、
解放感からか地植え出身のオリーブに比較すると
枝葉の競り具合は傍若無人、葉は色艶を武器に
ハバを利かせてその存在感は人目を引いていた。
それゆえ施肥のオリーブはさすがに体力があるなぁ、とその時は感じ入った次第だ。

しかし真夏の或る日、元鉢植えオリーブに異変を覚える。
それは風になびく瞬間に、ひるがえりながら見せるオリーブの表情だ。
表葉の真みどり色と裏葉の銀色の明暗比に、
しっとりとした深い艶が見受けられないところだった。
顔色がナーバス、というかオリーブ自身が持つ
成長に向けての独特の意気込みが発信されていないなぁ、と感じた。

この路線をたぐるとだいたい見当はつくのはアレ、
おもむろに地面に目を下ろすとやはりコレだった。
オリーブアナアキゾウムシくんたちの宴のあとがノコギリ屑化して散乱している。

後に肥料を与えていたオリーブのすべてがゾウムシ被害で枯渇した。
一方、無肥料のオリーブくんは不思議とその被害を免れ有りがたい事に、
今年は少し実をつけてくれている。
きっと無肥料で育ったオリーブは、
見てくれはもう一つでも害虫に対する自己免疫力を蓄えていたのだろう。

そこで想い出すのは昨年、
湯布院で講演をされた奇跡のリンゴで知られる木村明則さんのお話だ。
「虫を呼ぶのは肥料です」という木村さんのその言葉は、
生きる環境を壊さないようにしましょう、という喚起の声にも聴こえたのだった。

さても数年前、オリーブは無農薬・無施肥で育てるという信念で、
「いつもニコニコ・オリーブ見まわり」という教義を自分の中で作った。
仕事が空くと庭に出てオリーブの木に、
ニコニコっと話しかけながら枝葉を眺め廻し
キョロキョロとオリーブアナアキゾウムシの発見に努める。
これはオリーブが趣味程度の本数だからできる特権だな。

植物はオリーブに限らずいずれもさびしがり屋さんなので、
眺めるだけではなく葉っぱをナデナデしてあげたり、
話しかけると大いによろこんでやる気を起こすようだ。

そういうことで、朝起きるや外に出て、
おはようございま〜す、と声掛けするように努めている。
するとオリーブは一日中、はつらつだ。
などと偉そうだがにっこりオリーブの教祖はお年頃なので、
時おり忘れて数日が経っていたりもしている。


posted by イイジオリーブ at 23:24| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。