ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2013年06月30日

獅子奮迅なオリーブオイル


何はさて置き、おとこ気が曝進する博多祇園山笠が明日に迫った。
博多は7月いっぴから15日の早朝まで六分の侠気四分の熱なのだ。
その怒涛のような活気がビル街にとどろくと博多の街に本格的な夏が到来する。

それはこの一年が早や、半分過ぎたということを意味するが
別考察すると丸い地球が同じくまぁるい太陽の周りをほぼ半周したことの証明でもある。
ニ、ニ、ニーチェかプラトンか、ガ、ガ、ガリガリ、ガリレオか。
計らずも年々、高速度化していく自分の中の暦を垣間みることとなるのだが、
「山笠きたりなば師走とおうからじ」と、時のうつろいをこころ静かに詠んで、
自暴自棄にならぬよう努めている次第だ。

広義においてはサマージャンボ宝くじの販売日近し、
引きつづき年末ジャンボでいっぱつ千金というところだ。
今、ふたつのジャンボが小さな灯明となり時の速さに
アタマが走馬灯のわたくしを懸命に支えてくれている。
このように一年も人生もコミックマジックで笑いを取るナポレオンズの
「あたまぐるぐる」に似て何度も回転するのだから、
どんなにこけても、つまづいても、泣けてきても命をむだにしないようにしたい。
ジャンボ・命

さて大陸交易の風を肌で感じながら
生活を営む福岡人の暗黙の交流空間といえば「屋台」だ。
仕事の疲れを癒すOLやサラリーマン、どこそこのオエライさん、
時事問題を「後は野となれ山となれ」と議論し合う口角泡を飛ばすが如しのおっさんたち。
それぞれ異なる組織や系統がいつの間にか垣根を超え
同じ尺度になるというのが屋台の不思議さと醍醐味だ。
ラーメン、もつ鍋、めんたいこ。
今、観光を思いお立ちの御仁は即行、
博多祇園山笠へ、というのは言い得て妙だ。

ところで山笠の後、筋肉痛で自爆する友人にこの度もたらされたひとつの朗報がある。
それは「シップ薬  貼る前に オリーブオイル」というものなのだ。
スプレー式鎮痛消炎剤ですらアレルギー反応を起こす友人によれば
患部にオリーブオイルを塗りその後に湿布パップを貼ると痒みが起きないという。

アレルギー体質のわたくしもさっそく試してみる。
翌日、痒みなし。
本日、3日目でありその後、いかような風体になるかは不明だが
これまでの働きはお見事。
わたくしはオリーブオイルの獅子奮迅ぶりにあらためて目を見張った。

しかし、それ以上に感心したのはシップ薬の粘着度の偉大さであった。
湿布薬はテープ類と同じく油膜に反抗してすぐさま剥がれ落ちると思っていたのだが
それは思い込みというものであると気がついた。
そして、油膜を物ともせず微動だにせず当方の白き若肌に、
果敢に貼りつく経皮鎮痛消炎剤外用薬は、
衣服の下で存在がぞんざいな扱いになる上に、
だれも見ていないのに地道な活動をしておりとてもエライなと思う。




posted by イイジオリーブ at 16:25| Comment(2) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。