ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2013年07月31日

8月3日・アビーロ福岡でオリーブオイルの試食会講座


「里山涼し、お出かけくだされ」。
暑中見舞いにしたためたこの文言を真に受けて、
連泊を決め込んだ面々が来訪したのはちょうど昨年の今ごろだったなぁ。
自分が埋めた地雷を自分で踏んだも同然の惨事だっただけに、
まるで昨日のように脳裏に刻まれている。

それがうって変わってこの夏は森閑として、
一般常識が覆されたあの数日が幻のような中、
来たる8月3日(土)11:00〜12:00
アビーロ福岡でオリーブオイルの試食会が行われるのだった。
詳しくは日本オリーブオイルソムリエ協会まで http://www.oliveoil.or.jp/ 
当日、わたくしも会費の3.150円を握りしめ駆けつけん、
と意気込んだ矢先に重要ミッションが転がり込み無念の毎日だ。

そんな或る日、お散歩中のご婦人が
「その美しい木の名前は何ですか。」と、訪ねてみえた。
当然、オリーブのことだろうと思っていたが軍配は、
喬木化したグミの木の仲間のロシアンオリーブに上がったので
オリーブさんにはちょっと気の毒だったなぁ。

ロシアンオリーブはうねるような樹形が基本だ。
そしてその豪放磊落ぶりにますます弾みがついて、
他の植物とのテリトリー争いに及ぶので植樹場所は、
住宅ローンを組むににも等しくよくよく考えねばならない、とわたくしは考えている。

その上、新葉と旧葉の交代する今の時節、
庭はここかしこ掃き溜め状態と化し怒涛のアウトドアといっても過言ではない。
ところが、こうはあっても人気は高い。
どうやらその理由は風でくゆらす銀葉のグラデーションと
初夏に芳香を放つ淡いクリーム色の星形をした花にあるようだ。

こんなことは日常生活でもありがちだと思う。
物事の心象風景は瞬時に決まるから、
その場の雰囲気が高じると何の脈絡もない相手や構想が
やけに重要な事に見えたり思えたりすることがある。
特に夜間帯での酒席は、その時点でアタマがずいぶん麻痺しており
これからの険しい道のりなど先が読めずだ。
また燃費の悪さも各人、
お酒で脳メーターがやられているために計算不可能ときている。

のちのち、ちゃぶ台をひっくり返したり返されたりあるいは、
やおら、ぶち捨てたくなる相手や物件になるやもしれない。
そこで窮地に陥る一歩手前で立ち止まり、
たたずまいや所作などのそれぞれのスッピン度を、
よくよく確認了解しておくのがよろしいか、と。
でないと企画に無理が出て来るというもんだ、と。

そんな辻説法を説いてみたが
ご婦人の情熱は膨らむ一方なので挿し木で育てた鉢物を差し上げた。
挿し木といえばロシアンオリーブは、
人差し指程度の太さの枝を地面にただ挿しておけばすんなり根づいて実生もいける。
オリーブの木もこう楽だと苦労はないが、
つれないオリーブしぐさが魅力であって、
ロシアンオリーブのタイプでは神秘性が失われそうに思う。

管理場所はどこでも来いの大物で昼からやや日陰になる場所だと増長する。
しかもたまに栄養剤を飲むと、
よっしゃぁ、どこまでも行ってみよう、と、ベタギャグもやるタイプだ。
今後、ご婦人の健闘やいかに。







posted by イイジオリーブ at 17:00| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。