ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2014年03月31日

AVILOエクストラバージンオリーブオイル  天草100%リミテッドエディション100ml陶器ボトル


若草のさまざまなみどりを愛でながら過ごしていると
いつの間にか桜前線の話題で持ちきりの時節となった。
そこでハタと周囲を見わたすと我がベルサイユ宮殿はヤブの中ではないか。

さて、除草作業になかなか身が入らないので、
さきほど見つけたフキノトウでわが家の春の定番、ポテトサラダを作る。
茹でて適宜に刻んだフキノトウをつぶしたポテトに加え
マヨネーズと塩、胡椒で味を調える。
好みでレモン汁をおとすだけのシンプルなフキノトウのポテトサラダ。

フキノトウの味覚は言わずと知れた苦みのあるいい大人なので、
一般的なポテトサラダのカテゴリーに入れたり、
本来あるべき味を追い求めるとお察しのとおり、何じゃこりゃな後味、になるのだ。

ところが生命力旺盛な野草を受け入れる親分肌のマヨネーズの尽力で、
大人のサラダという全体像から焦点が絞られ、
より一層、みなさんが好むポテトサラダに近づくのだった。

ああ、おいしかです。
なめらかな食感のマッシュポテトの中から
摘み草ならではの苦みがアクセントとなり、
春よ、来い、そりゃ、は〜るが来た、のシチュエーションも申し分ない。

以降、もっと大人感をきわめたくば
マヨネーズはオリーブオイルでこしらえてみよう。
と、ワインが欲しくなるような旨味が倍増し、
そいじゃぁ、あと数本、いってみようか、
なんていう恐ろしい事例をわたくしは知っているのだ。
結果、マヨネーズは市販のモノを使うべしということになる。

実はオリーブオイル。
アビーロさんの天草ネバディロブランコの単一種オイルが発売されたと小耳にはさんだ。
ネバディロブランコ種は過去に、
フルーティーさと辛味と苦みをあわせ持つ
オーストラリア産オイルをおいしく食したことはあったが、
国産ではそうそうお目にかかることのできないオイルだ。
これはなにがなんでも手中におさめねば、
と、怒涛の財布を握りしめ福岡の都心は天神へと走ったのだった。

ではフキノトウのポテトサラダにかけてみる。
苦みと辛味のうねるような味わいがフキノトウの苦みと相俟ってのど越しに斬新だ。
そして国産でも天草のネバディロブランコオイルの風味と味の幅は、
わたくしのルッカ種やミッション種オイルのとは一線を画す
やさしくも複雑な表情を持っていた。
お次は裏庭に顔をのぞかせたばかりのノカンゾウやタラの芽とタコを和え物にする。
おお、これにもまたうまし。
野草は陰性の食材が多いというけれど
それを陽性に変えてくれるような
ふくいくとした香りのオイルだと思った。

ところで情報に疎いわたくしは、
アビーロさんのお店が空中移動しているとは露知らず。
そしてそこは岩田屋本館地下だったが
好物のチーズ売り場がすぐおとなりだったがために涙の散財となった。





posted by イイジオリーブ at 16:19| Comment(0) | アビーロ福岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。