ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2010年06月27日

小さいオイル。

20100627.jpg
写真のオイルは、小豆島産オリーブ100%のエキストラバージンオリーブオイルです。
品種はミッション・ルッカ・マンザニロ等、小豆島主要品種のミックスです。

小豆島はオリーブの産地として有名です。
大規模な農場(といってもスペインやイタリアのそれと比べたらとっても小規模ですが)もあり、首都圏の新聞広告などでお馴染のものもありますね。

そんな大手とは別に、家族単位の小さな生産農家も実は沢山存在しています。

このオイルはそんな小さな農園のオイルです。

家族だけでオリーブを育て、手でひとつづつ摘み取り、
搾油施設はありませんので大手農園等へ持っていき搾ってもらいます。
生産される本数も200mlが300〜500本ほどと少なく、そしてそのほとんどは常連さんと口コミであっと言う間になくなってしまうのです。

小豆島に住んでいる者でも、ぼ〜っとしていたら買いそびれてしまいます。
いや、その存在すら知らない人の方が多いかも知れません。

まだ開栓していないのですが、近々いただく予定です。
食レポはまた次回!




posted by やぎ at 19:29| Comment(4) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステキ!に拍手

家族農園さんの一年間のご苦労と喜びが、まったりとした黄金色のオイルに染み込んでいるようで、すてきなボトルですね。

派手じゃないけれど、どこか斬新で人目を引くラベル。そしてナイス情報に脱帽!

Posted by イイジオリーブ at 2010年06月28日 13:18
イイジオリーブさんありがとうございます。
先ほど生産農家の方にお伝えしたところ、「ラベルが斬新なんて恥ずかしいけど嬉しいな〜」とおっしゃってましたよ。

1年の苦労と喜び・・・本当ですね。いただくときはそんなことを考えながら味わいたいと思います。
Posted by やぎ at 2010年06月28日 18:02
イタリアのシングル・エステートのものみたいでクールですね!こういう小さな農家さんが丹精込めて作られたオイルはどこで入手できますか?小豆島に行かないと買えませんか?
Posted by Mark at 2010年06月28日 22:03
このようなオイルは、農家さんによっても違いますが直接各農家さんに問い合わせるしかありません。
島内の売店などに並ぶことはほとんどありませんので、小豆島に来ても目にすることはほとんどないと思います。
ある生産者さんのオイルは、500本すべて九州の友人のところへ納品していると言ってました。そこから先はもう生産者さんもわからないようです。
Posted by やぎ at 2010年06月29日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。