ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2010年08月11日

First Day of Harvest〜初摘みオリーブオイル

20100811.jpg

先月、おおつきさんが小豆島を訪れたときに持ってきて下さったオリーブオイルを紹介します。

今回はその中で一番人気だったこのオイル。
みんな勝手に『10月15日』と呼んでいました。
その理由は、このオイルが収穫初日『10月15日』に摘まれたオリーブだけを使い、収穫後4時間以内に搾ったオリーブオイルだからです。

品種は『ピクアル』で、ノンブレンド。単一品種のオイルも実はちょっと珍しいのです。

ちなみに、同じデザインのボトルで『アルベキーナ』のノンブレンドオイルもあります。
こちらはあのDEAN & DELUCAで販売しているようです。
こちらもいつか味わってみたいです。

で、話しはもどってこのオイル。
とにかく香りが強い!そして若々しい苦味、辛味がありとにかく力強いのです。
スペインのオイルはマイルドなイメージがありましたが、これは全く違います。
早摘みの良さがぎゅぎゅっとこの瓶に詰まってる。

この個性的なボトルについてはボトルのラベルに書いてあります。
「瓶のデザインはスペイン王妃をはじめ多くのファンを持つ宝石デザイナー、ホアキン・ベラオ氏が鮮やかなエメラルド色と香りに魅せられデザインしました。」

201008111.jpg

オイルの色はわかりにくい画像で申し訳ないのですが、かなり濃く緑が強いです。

このオイルは、どんなお料理に合わせましょう。
風味を生かしてお刺身に合いそうですが、白身や貝のお刺身ではオイルに負けてしまうかもしれません。
そこで、私は冷たいお素麺に合わせてみました。
おおつきさんに教えていただいたのですが、冷たい普通のお素麺のつけ汁(普通にカツオと昆布出汁)にこのオイルを垂らします。
これだけで、とっても風味のある美味しい薬味になりました。
わさびや生姜もおいしいのですが、お素麺にオリーブオイルは我が家の定番になりそうです。


※輸入者 オリーブプラン株式会社


posted by やぎ at 16:09| Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。