ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2010年10月05日

小豆島オリーブオイルとの思いがけぬ出会い


岐阜市で開かれていたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の中小企業大臣会合の併催イベント、「楽市楽座APEC国際見本市」に出展参加してきました。

IMG_0937.JPG
今年は日本がホスト国なので各地で会合が開かれています


<米国人ジャーナリストが選んだ日本食品10選>
10月1日(金)から3日(日)まで岐阜で行われたこのイベントには140社の出展者、1万人の来場者が集まりました。主催は中小企業庁。今回、私はいくつかの企業さんをとりまとめてゾーンを作って出展するという立場。全体をオーガナイズしなくてもよいので、いくぶんか気楽でしたが、私たちとご一緒してくれた企業は、FOODEX (国際食品・飲料展)の時に、アメリカ人の有名ジャーナリスト8人から、“国際市場でも有望”とお墨付きをもらった、意欲があって、オンリーワンと評価された「米国人ジャーナリストが選んだ日本食品10選」受賞企業の皆さん。

★あんぽ茶道具0810-3.JPG
受賞作の一つ「あんぽ柿」(和歌山県JA紀北かわかみ)


Selection_1.JPG
アメリカ人著名ジャーナリストによるFOODEX(2010年3月)での選考風景


中小企業大臣会合の併催イベントですから。もちろん主役は、やる気があって、意欲があって、独創的で、これから海外での販路開拓に取り組もうという地域の中小企業の皆さんです。今回は、そういったチャレンジ精神旺盛なモデル企業のご紹介を兼ねて、一般消費者の方々にも楽しんでいただく趣旨で、試飲・試食、即売も行いました。私も、人数の手薄な出展者さんのブースに入って販売のお手伝いをしてきました。

DSC00350.JPG
賑わう「米国人ジャーナリストが選んだ日本食品10選」ゾーン


<頑張れ!地域の中小企業>
他のブースを見て回っていると、ありました!小豆島の「ヤマヒサ」さんのブース!実はヤマヒサさん、私の勤務先の支援プログラムを活用されて、スペインのアンダルシアとローカル・トゥー・ローカルの経済・技術交流をされていたのです。そんなこともあって、その後、私たちのお手伝いが実を結んだかどうか、とっても気になっていたのです。

IMG_0859.JPG
ヤマヒサさんのブースありました!


ご担当の方と一とおりお話をさせていただき、限定販売の「自社農園栽培オリーブオイル」(ナンバリング付き)を2本購入させていただきました。ウェブで気になっていたのですが、この商品、「時価」!だからウェブでは値段が分からない。そんな謎めいたところにも惹かれて、いつか味わってみたいと思っていたところでした。東京の私の行動範囲では見つからないんで。おなじみになったオリーブ茶もPRされていました。

IMG_0858.JPG
ヤマヒサさんの自社農園栽培オリーブオイル


IMG_0857.JPG
オリーブ茶はいただいたことがあります


IMG_0856.JPG
オリーブカレーは初めてみました。おいしいですか?


以前、やぎさんに聞いたところ、小豆島のオリーブオイルはほとんど流通せず、搾油すると、農園の方から個人的なルートを通じて流れてしまうとか。だから、店頭に並ぶこともほとんどない。生産量が少ないのですから仕方ありません。小豆島の方々とそのお仲間の方の特権ですね。それはそれでいいと思いますが、新しいビジネスモデルも考えてみてはいかがでしょうか。日本の数量限定のすばらしいオリーブオイル、中国や台湾、香港でイタリア産、ギリシャ産を上回る評価をしてくれる層がいるかもしれません。

地域の活性化にはそれに携わる地域の住民の方々の自信とモチベーションが一番。これが刺激されれば刺激されるほど、その地域経済は活性化します。

日本でオリーブオイルが生産されていることは、東アジアはもちろん、欧米でも知っている人は少ないでしょう。グローバリゼーションが猛スピードで進展する一方、日本の右上がりの経済・社会の活力が衰えをみせてきた今こそ、地域の意欲ある中小企業から、日本の(食の)すばらしさを発信してもらいたいなと思います。

地域経済の活性化。地域産品の活用。海外販路の開拓。いずれも、今回のAPEC中小企業大臣会合で議論されたアジェンダです。地域地域でどう舵を切っていくか、どうハンドルするかで地域の経済活力、日本の経済活力が浮沈する気がしています。



posted by Mark at 14:11| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜Markさん!まさに今我が家のお醤油は『ヤマヒサ』の杉樽二度仕込 天然醸造ほうじょうの郷 というお醤油です^^

そのほか写真の商品も、ここ島のお店でよく見るものばかりだわ〜頑張ってるね小豆島も!

小さい農家が少量作っているオイル、今年は頑張って何種類か揃えられるかな〜と思っています。みんなでテイスティングしたいですね!
Posted by やぎ at 2010年10月05日 14:24
昨今の景況感を忘れてしまいそうなマーク氏のグローバルな記事。これは元気が出ますね。

氏の提案は大企業さん方の問題かもしれないけれど、少量ながら国産オリーブを販売する者の一人として、イイジオリーブも真摯に受け止めております。

とはいえ、勝機を見計らいながらもオリーブオイル販売にまつわる道徳的精神や、芸術文化面が怠らないようにも心がけねばなりませんね。
なかなか、むずかしゅうござる。
Posted by イイジオリーブ at 2010年10月07日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。