ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年07月21日

オリーブ葉を用いたタケノコの灰汁抜き


台風の被害に遭われました方々にお見舞いを申し上げます。


雨に打たれたリンゴのサンサさん。
057.jpg

かたや、領土拡大がルーティーンのカモミールさん。
雨の中も日課達成にうれしさあまって乱れ咲きの図。
010.jpg
ここは昨秋の種まき以降、味噌汁やサラダ、オリーブオイルたっぷりのパクチーペーストやフムスなど、
料理の度にお世話になっていたパクチーくんの領地。

そこに現れたるはカモミールさん。
女史は長雨で勢力衰退のパクチー君の憔悴ぶりを知るが早いか、己の可憐さに幅を効かせて領土を拡大。
かような縦横無尽の振る舞いはわたくしたちの世間でもよくあることだが、
汚れない白くて小さな花と繊細な葉や茎を持つカモミールさんからは予想だにできない。
「見てくれ」とは全くあてにならないものだ。

右後方は植えた記憶もないのに忽然と現れて自己主張するグリーンセロリさん。
連作障害もなんのその。
そんなお二方の陣地をめぐるせめぎ合いは、これからが勝負というところ。

して、肝心のパクチー君はいずこ・・・
はい、哀しいかな彼は退行して影も形もなくなったのだった。
それは東京パクチーハウスのパクチー銀行に、種を預けようと思っていた矢先の出来事で、
パクチー長者を目指していたわたくしは今、落胆の日々である。

さて昨年の今ごろ、猛暑で体力が低迷だった時だったか、
埼玉の友人がアサクラオイルさんのオルチョ サンニータ オリーブオイルを送ってくれた。
035.jpg

その琥珀色のなめらかなオイルからは「菜の花の香りがするよ」と教わったので、
さっそく裏の畑からセロリだの長豆だの様々な夏野菜を収穫して蒸すことに。
すると、てんこ盛りだった青葉は手の中に納まるほどほんの少量に丸まって、青菜の弾がんみたいになった。

そのまま水分を両手で絞りオルチョを引きまわしたフライパンでソテーしながらカサを小さくちいさくする。
その半ばで新潟の「安塚の塩」をひとつまみ。
調味料はオルチョと塩だけだ。
中火で作業を続けること数分、鮮明だった青色がみるみる深みを帯びてくる。おっ、食べごろ。
オルチョは鼻頭にガツンと来る野生味ある青草の香り、と覚えたけれど友人は、菜の花だ、と言って聞かない。
はい、はい、貴方のいうとおり。

昨夏はこのオルチョの深い味わいに魅了され夏野菜をタンと食して、熱暑を乗り切ったのだった。
016.jpg
先週の猛暑日、そのガツンを想い出したので取り寄せてみた。
相変わらず青深くてペッパーなノド越し。
夏バテ対策はやっぱりこのオイルかな。

ところで、当局で前フリしていた春の祭典「オリーブ葉によるタケノコの灰汁抜き」実験は、残念、無念、腰砕け。
見事なほどに灰汁は全く抜けていなかった。
036.jpg
右横のオリーブ葉がハートマークでピース!

それどころか、オリーブ葉や木の成分がタケノコに移行したのであろうか、噛んでみるとシャキ、シャキ感を通り越しギシギシと歯に障る。
さらに、喉元をしぼるえぐみ感。
それは迫りくる竹の春めきとでも言おうか。
食すと茹で前よりはるかに竹そのものの味わいで、なんだかパンダにでもなったような気分になって来る。

あの時期、サクランボさんも鈴なりだったなぁ~、
078.jpg

しからば茹で汁の方は?と言うと、ヌカ使用ではないので濁りはない。
そこで一匙、口に含んでみた。ウップ
タケノコの灰汁とオリーブの青葉の成分とが相俟ってか、
こちらもかなりの気合いだ、気合いだ、キアイダ!
とはいえ、その渋みは何かしらん青々しくどこか潔い。
そして胃から腸へとその壁が洗い流されるような気さえしてくるから不思議だ。
まるでオウバク、リュウタン、アオキで作られている和歌山県の胃腸薬、大師陀羅尼錠(だいしだらにじょう)を服用したときの爽快感だ。

結果、オリーブ葉で茹で上げたタケノコの食感は一言で例えるならば「小股の切れあがり過ぎ」。
この方とのお付き合いは遠慮しておくとしよう。
一方、茹で汁はというと防虫散布剤にイケテルかも。
ここにポイントがついて「魅力的タイプ」であった。

かような訳でオリーブ葉によるタケノコの灰汁抜きは不可だった。
考えてみれば米ぬかやトウガラシなど誰にでも手に入るもので出来る一般的なアク抜きがあるのにねぇ。

090.jpg
強い雨と風で腕を垂れてしまったリンゴのフジさん。

しかし、今ふと思うに、春のこの試しみはあながち悪くはなかった。
専門的な薬効はその道の方にお願いするとして、オリーブ葉から抽出される成分とは、苦味の中にもなんと清涼感と清潔感に満ちあふれているのだろう。
これがオリーブ葉の持つポリフェノールの特性なのだろうか、と改めてオリーブ葉の妙に感嘆したのだから。
小豆島でオリーブ茶が生まれたはずだ。

058.jpg
独りですが、だからと言って何の不自由もない、と風に吹かれてのたまうサンサさん。












posted by イイジオリーブ at 14:31| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜タケノコの灰汁、抜けなかったですかー。
かなり期待してたんですけど^^
でも、パンダになった気分を味わうのもいい経験かもしれないですね〜♪

Posted by やぎ at 2011年07月22日 13:11
言わずもがな、竹の持つ灰汁は赤ちゃん時代のタケノコにおいてもなかなかのつわものでありました。
思えば殺菌・除菌などに有効と言われる竹酢液の原料のそのまた大元ですもんね。
来春は掘りたてを試して快哉の声を上げたいと思います。
Posted by iiji-olive at 2011年07月23日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。