ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年08月15日

畑にて呆然とす


オリーブの木と暮らすために住宅地から里山に移り住むこと早、3年。
ココ畑↓
20110802094341.jpg
手つかずの農地もグリーンフィールドと思えばどこかすがすがしい。

生活に必要な野菜は自給自足で賄う、の計画も今やいずこ。
畑のウネの筋どころかその山はどこなのか、果たして底はあるのかすらまったく見当がつかない。
野菜作りをひとつとってもこうなのだからオリーブ栽培は、というとおおよその予想がつくというもの。
だからかなのかは分らないが近ごろでは、野趣あふれる豪快な庭ネ、とご近所でもっぱらの評判だ。

これはマズイ。
住まいはそこの人となりを表すというではないか。
それに不勉強とはいえ、まがりなりともオリーブオイルソムリエ。
物ぐさだと知れたらソムリエたる資質の酸価指数が跳ね上がってしまうというものだ。

そう思い悩んでいたら拙宅からほど近い農地で、
耕さない、除草しない、肥料を与えない、農薬を使用しないとする栽培形態が実践されているという。
なんとすばらしい。
わたくしは快哉の声を上げながらこれまで気圧されていた我がメンタリティーが甦るのを覚えた。
そう、自分は無精者ではなく自然派なのだ。おほほ
それからというもの自然栽培のセオリーが強い味方となった。
特に「不除草でよし」という文言が援護射撃をしてくれる。
ラージャー!

20110802094602.jpg
お嬢さんになりつつあるリンゴのサンサさん。

ところが実際、現場に分け入ると
フキ、みょうが、青シソ、ネギ、かぼちゃなどの我が食料が雑草の勢いに圧されて委縮しまくっているのが現実だ。
自然と寄り添い合うという事の難しさ。
ま、でも、いいか、このままいこう。
ゆっくり、のんびり、とにかく続けてみよう。


20110813144642.jpg
本日、やっと日の目を見たカボチャ3兄弟。
生ごみ堆肥から芽を出したとは思えぬ成長ぶりに自画自賛。


ところで数年前、友人からトスカーナ州出身のヴァルジャーノというオリーブオイルを貰った事がある。
友いわく、ヴァルジャーノはワイナリーなのだそうだ。ほ、ほう
では、ワインもつけて欲しかった。

20110804082636.jpg
トスカーナの青い空?・・・大気を仰ぐリンゴのフジさん。

さて、当のヴァルジャーノオリーブオイルの味わいは、というと草木の香りと共に、
アーティーチョークやアーモンド風味が口いっぱいに広がり、
のど越しにはチョコレートのほのかな香り。
それが鼻孔に広がりながら辛味と甘みが複雑に交差する。
その後、くるみのような香ばしさがお待ちくだされ、とばかりにおっかけてくるところがユニークで不思議かつ絶品だった。

あの味が懐かしくどこで手に入るのかを尋ねると「現地にて」とこたえながら友人は目の奥で笑った。
何ゆえに笑う。
それにしても空になったビンを始末したのが悔やまれる。

20110813185837.jpg
山ぶどうさんをおんぶするオリーブ・ルッカ種くん。

ほどなくして、その友からヴァルジャーノと同州のバディア・ディ・モローナ オリーブオイルが届いたのでさっそくいただく。
ああ、これもまたおいしい。
フルーティーでやさしい香りと酸味のバランスがパスタに請け合いだ。
請求書が瓶にペタンと貼られてさえなければわが友は、水先ならぬ最高のオイル先案内なのだけどなぁ。

20110814212657.jpg
威風堂々 バディア・ディ・モローナ


posted by イイジオリーブ at 01:02| Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。