ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年09月06日

 10日・福岡天神・大名に「AVILO_FUKUOKA」アビーロ福岡・オープン


1980年代後半頃からイタリアブームに火がついて、
グルメやマスコミによってこんにちのオリーブオイルというオリーブオイルは探しつくされたように思っていた。
ところが福岡岩田屋のイタリア展最終日の今日、色よし、味よし、香りよしで大当たりのオリーブオイルを見つけたのだった!

003.jpg
白磁が凛と美しい豊かな形状の入れ物から芳香を愉しむ

それは『AVILO』という名のエクストラバージンオリーブオイルだ。
発音はアビーロ。
浅学者のわたくしはこの5文字がすぐには読めなかった。
とちょうど程よく、オリーブオイル体験セミナーでソムリエぶりを発揮していた講師力満点の盛高ソムリエが
有田焼で作られたカチョカバロ風の白い容器を掲げ、「アビーロ」と声を発してくれたので助かったのだよ。

実は当月10日(土)、福岡市は中央区大名に九電工さんの関連事業であるオリーブ生活提案ショップ『AVILO_FUKUOKA』がオープンする。
まさしくオリーブがコンセプトだけにテーマも「オリーブのように生きる」と直接的な表現だ。
店内にはオリーブオイルはもちろんのことそれを究めたオリジナルのコスメ商品や日常雑貨、苗木も販売されるそうだし、
イタリアはモデナの魔法のコーヒーと謳われるカリアーリコーヒーを提供するカフェもある充実のスペースらしい。

なるほど、盛高ソムリエと津野ソムリエ両氏のこだわりが存分に生きているのだろうな。
つまりアビーロとは、当ショップの揺るぎなさを表す名前なんだろな。
でも、どういう意味合い?

で、オリーブのように生きるってどんなこと?
次回、ソムリエ陣に会ったら里山に住む者の切ない精進で尋ねてみようと思う。

055.jpg
里山にニラの花


さてアビーロの味わいは、というと口中に若いフルーティーさが広がった瞬間、
青野菜やアーモンドの甘みがからみ合いながら鼻腔をくすぐってくる。
かと思いきや、喉元にピリリとしたスパイシーさを覚えて印象豊かだ。
それもそのはず、オリーブ品種はトスカーナ州で主力となるフラントイオ種、レッチーノ種、モライオロー種の3種に加えて、
味わいに調和をもたらすペンドリーノやマウリーノが参戦だ。
それぞれの風味を段階的に楽しめるとても美味なオリーブオイルだね。

この心地良く流れるメロディーのような風味のアビーロ エキストラバージン オリーブオイルは、かのミシュランにも例えられるオリーブオイルのガイドブック『FLOS OLFI』のメンバーと盛高ソムリエや津野ソムリエらによるオリジナルブレンドオイルとのこと。
おお、そりゃ、美味しいはずだし初めてお目にかかるはずだワ。

とはいえ、テイスティングの余韻をお伝えするセンスに欠けるわたくしがために、
アビーロのきれいな表情を優雅な文言で表せられないのは無念というもの。
どなたか介錯くだされ

012.jpg
オリーブオイルやポルチーニ、チーズを食するは、こころのマッサージといった友人がいる。
 
ところで後になってしまったり、アビーロの意味を尋ね忘れた、と気がついた。
早速、その語源たるやを検索したところ、おや、おや、ビートルズの最高傑作アルバム・アビーロードもいっしょに大ヒットだ。
では記念に天神〜大名〜アビーロ前の通りでアビーロード、なんちゃってね。

と、ここで一気にひらめいた。
もしや、もしやに「AVILO」って、イタリア語「OLIVA(オリーブ)」の逆さ読み? 









posted by イイジオリーブ at 01:53| Comment(4) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
容器のデザインが目を惹きますね!
お味もイイジオリーブさんのお墨付きとなれば、ぜひ手に入れてみたいなーと思わずにはいられません。
今年も収穫の時期が近づいてきました。
私のオリーブ畑も2度の台風に負けず、収穫の時期を今か今かと待っているようなプリプリの実が下がってます^^
楽しみな季節がやってきますね!
Posted by やぎ at 2011年09月14日 08:22
アビーロエキストラバージンオリーブオイルは先ず、

フルーティな香りにいざなわれるオイルです。

フレッシュだけどマイルド。

そして、瑞々しい緑から少しピリッとするのど越しというふうに、

何拍子でも楽しめるとてもおいしくて素敵なオリーブオイルですよ。

ぜひ、みなさんでテイスティングなさってください。

というより、アビーロに集合はいかがですか。
Posted by iiji-olive at 2011年09月15日 11:45
美味しいのはいいですが、センスがいいとはお世辞にも言えない容器にコルク栓。
消費者にとって不必要に高価なオイルになっていませんか?
それにこの容器ってSegreto Mediterraneoのパクリ?
Posted by 通りすがりのソムリエ at 2011年10月05日 15:55
通りすがりのソムリエ様

この度は貴重なご意見、ありがとうございました。
アビーロのソムリエ達もいただいたコメントを咀嚼して、研鑽を積むことと思います。
今後もさまざまなご指導をお願いします。
Posted by iiji-olive at 2011年10月05日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。