ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2012年02月26日

酒粕はオリーブオイルにも匹敵して。


我が家では年中、酒粕を常備している。
そのため、専用冷凍庫を設置しており仲間内では「酒粕おんな」との異名を持つわたくしである。
さて酒粕とはご周知のとおり、醸造したもろみを漉して酒と分離させた後に出る真白き固形物だ。
その栄養価はビタミンBやアミノ酸の宝庫で、食すとさらなる美肌をもたらす生きた酵母菌のるつぼでもある。
しかも悪玉菌のLDLコレステロールの値を下げたり、お通じを改善したりとオリーブオイルの効能に匹敵する我が国伝統の副産物なのだ

とはいえ、酒粕すべてを十把一絡げにはできない。
なぜならば普通酒・純米酒・純米吟醸・純米大吟醸・大吟醸とそれぞれの酒のランクで、酒気や粘度の塩梅など酒粕の表情が大いに異なるからである。
特に新酒の時期のその香気と味わいは清々しく心身の軸が整うような神聖な面持ちになる。
と、うんちくを傾けると酒造界を統べる重鎮のようであり、我が国最大のレシピサイト「クックパッド」を向こうに回す酒粕料理の鉄人の趣きだ。

ところが実態は、酒粕を水と砂糖で溶いていただく甘酒もどき以外は何の腕も持たない。
では何ゆえ酒粕生活なのかというと、それは都会に住む酒店の主が里山くんだりまでたびたび足を運び、自分の持て余した酒粕を届けてくれるという裏事情によるものであった。

そもそもわたくしは愛想が良い。
人さまからの頼まれごとは断らない。
どんなに多忙であれ、友、遠方より来たる、とあらば快く迎え入れそこそこの食卓で労をねぎらう。
飲んで調子に乗り居座る友人の重い腰を上げさせるべくアメとムチで誘導する。
などなど小さな善行の積み重ねで今日、わたくしは人徳者と呼ばれるレベルまでのぼりつめたのだが、酒粕もそのたびに積りつもって家中、その酒気が充満するようになった。

当初、おすそ分けはご近所さんにも喜ばれる酒粕消費の一環で、ついでにわたくしの人柄アップにも一役買ってくれて大いに助かっていたのだった。
ところが度を超す回数とその量に、お福分けも次第に周辺から有難迷惑が発信されるようになってきた。

友人のことだ今後も手土産は酒粕一筋でろう。
居留守も通用しない。
困った、困った、と保存に困惑していて閃いた。
冒頭の冷凍庫はこのような経緯で我が家にもたらされた電化製品だ。

それから悠々とした或る日、台湾の友人がもち米と麹などで発酵させたチャウニャンという調味料が中国にあり、トウバンジャンなど炒め物や汁物に加えると、より美味になるのだと教えてくれた。
これが酒粕、黒砂糖、酢を火にかけてとろとろにすると似ているという。
なるほど、これはいいねぇ。


更に酒粕で顔を洗う事も勧めてくれたので早速、その晩に試したところ玉肌に更なる磨きがかかったのは述べるまでもないが、酒粕が微妙に眼に入りその激痛で七転八倒であった。
美への道のりとは実に険しいものだとつくづく思う今日、この頃である。





posted by イイジオリーブ at 17:31| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小豆島に来て最初の冬に、お隣のおばあちゃんが板状の酒粕を火鉢で焼いて、お砂糖つけて食べているのを見てびっくりしました。
「オヤツじゃ。」って言ってた。

私は甘酒は麹ともち米で作りますが、実家の父は、酒粕をお湯で溶いて作ってました。イイジオリーブさんとおなじですね^^
Posted by やぎ at 2012年03月01日 20:28
オヤツじゃ、とはなかなかのフレーズですね。
おとなりのおばあさまはエライ。
ちゃんと栄養価をご存じですね。
ところで、ご実家のお父上とわたくしはご同輩だったりして。
Posted by iiji-olive at 2012年03月02日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。