ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2012年07月25日

悠々とした山状態。


なにやら褐色系の甲羅肌。
今朝、こんな風体のほんの小さな虫が台所の床でうごめいているのを見つけた。
かのオリーブアナアキゾウムシの赤子と判明したのは、
まん丸の目玉の相中から小さいながらも突出した吸い口を、
天眼鏡を持ちだして確認した時であった。

なにぶんわたくしは目が悪い。
それにも況して庭のオリーブの木にゾウムシを見るなら納得も、
家の中にゾウムシが居るなど予想だにしない。
しかも成虫ではなくほんのミドリゴだ。

それゆえ、新種大型版のイエダ二では、と思ったのだった。
丁度、ダスキンさんのリーフレットに掲載のイエダ二の絵図に、
すがた恰好が良く似ていたのだよ。
瞬間、「新発見」という言葉が頭を過ぎった。

イエダ二が特化した昆虫だとすると世界最大のドキュメンタリーチャンネルの
ディスカバリー局が興味を示して、
「日本オリーブオイルソムリエ協会のソムリエ・巨大イエダ二の発見の巻」なんてことも。
あるいは生物の命名に際して発見者の名前くらいは織り込まれるに違いない。

そうなれば話題が害虫とはいえ、「イエダ二とはなんぞや」と名を打って、
協会のユニーク文化講座と肩を並べるレクチャーにまで昇華されていくだろう。
なんという偉業であろうか。
想像とはいえこころが踊る。

話の内容が虫だけに要がすっかり飛んでしまったが、
問題とするところはゾウムシの赤ちゃんが何ゆえ家の中に潜んでいたかである。
そこでしばし考えて答えは出た。

それは「梅雨で庭のオリーブの木に住み着いていたゾウムシが
木造住宅の我が家にわんさと避難してきた」
「そこで時間を持て余しイチャイチしているうちに、
今回の赤ちゃんゾウムシのお出ましとなった」という訳だ。

話を聞いて、
なんだよ、ゾウムシのできちゃった婚かい、おかしなことをいうねぇ、と友人が笑った。
しかし、世間は各界で仰天するような事やお粗末なことがまかり通っているではないか。
自然界とてあなどれないだろう。

さて件のオリーブアナアキゾウムシは、
ご周知のとおりオリーブの幹に卵を産みつけては遊び回る甲斐性なしの輩くんだ。
事が済んでしばらくすると樹皮下では卵からかえった幼虫が
樹の養分を吸液しながら美形の若木を徐々に婆さんにしてしまうのだよ。
ああ、他人事じゃない気がするではないか。

想い起すも今年の5月。
わたくしの笑顔のような陽気の下、オリーブ樹皮に異変を見た。
おもむろにその辺りを削ってみると、なんと、なんと、
さなぎから孵化する最中の者、数匹を発見したのだった。
いきなり捜査のためにそれらの星はうろたえたようだったが
すかさず実行犯で御用とした。

さて、昆虫に詳しい知人いわく、
日本産ゾウムシは千種以上も存在するそうだ。ほんまかいな。
山育ちのわたくしにとって昆虫は、
子どもの頃の良き遊び相手だっただけに複雑な心境も、
オリーブ栽培家のみならず薔薇にはバラゾウムシ、バナナゾウムシ、クリゾウムシと
それぞれの生産者にとって由々しき問題を起こす当事者なのだ。
その本人がなにゆえ家の中で右往左往していたんだろうね。
未だ謎だ。

で、その防除法はというと自然栽培なので木の見守り番以外、
画期的な対策をわたくしは知らない。
ゆえに造園業のおとなりさんから分けていただく剪定枝葉チップスの堆肥を
わがオリーブ畑の土壌に漉き込んでいる次第だ。
周りからは笑われているが
ゾウムシやハマキムシに恫喝されても悠然と構える樹木。
それを育て持つ免疫力の高い土壌。
自分の中ではそんな悠々とした自然の山状態を維持しているつもりでいる。



posted by イイジオリーブ at 21:21| Comment(0) | オリーブアナアキゾウムシの赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。