ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2013年02月25日

タルト・タタンと多事多端。


字がきたなすぎてお粗末で、おまけに誤字でボツにした年賀ハガキの整理をしている。
書き損じはがき11枚で、途上国の子どもがひとりひと月、学校に通うことができるのだから
当作業は毎年の必須項目なのだ。
ところが本年のユネスコ「書き損じはがきキャンペーン」は記憶ちがいで、
あららぁ、締め切りはとっくにすぎていた。

身の周りにおわれていると大切なことを見落としてしまいがちだ。
世間ではよく多忙を極めるとこころが滅びるとゾ、といわれる。
その一方で多事多端はデキル者にのみ与えられた試練だと語られ、
そのまた対角には貧乏ひまなしとやらのことわざが鎮座している。
どうやら多忙のトライアングルは、各人、生き方の得意わざや、
その目標の容量で音色が変わるようだ。

と、第三者的な考察も実際は容量年齢とかいうのがあって、
なにかをやるにはよほどの気合いをいれなければ人生の難儀な物件は乗り越えられない。

ところで乱暴な組み合わせをすると
多事多端に読みが似て非なるものにタルト・タタンがある。
前者の味わいはせわしなく苦々しい。
に、対して後者のタルト・タタンはバターと砂糖でソテーしたリンゴが
至極のしあわせを呼ぶあめ色のスイーツだ。

そのタルト・タタンのキャラメル化したりんごからあふれ出る滋養深い酸味を、
ひとたび味わえばうっとりとなるのは、わたくしだけではないだろう。
くわえてこのお菓子が誕生したうっかりな経緯に迂闊者の当方は、
日々遭遇する身近な事例であるがゆえに、
相手が人ではなく食べ物であるにもかかわらず、
タルト・タタンとは血が繋がっているように思えてきて、
極限までこのお菓子が愛しくなるのだった。

さて話は19世紀後半のフランスでの事。
時に日本は八重の桜の新島八重さんとリンクするころだろうか。
パリ南方に位置するとある町で、
小さなホテルを営むタタンさんという名前の姉妹が大勢の客人の接待に追われていた。
そこで姉妹のひとりが忙しさの片手間に、
客人のデザートとしてリンゴのタルトを作ろうとした時のことらしい。
焼きの段階でなんかヘンだな、と思ったタタンねえさんは、
あいたた、タルトの生地を入れ忘れとるじゃん、と気づくのであった。

とうぜん、やべ〜って感じだナ。
しかし、料理の鉄人であるタタンねえさんはうろたえるどころか、
電球ピカッとひらめくのである。

で、ベイクの途中からやおらタルトの生地を押しこんで焼き上げるや、
本来は上になるはずのタルト生地を逆さの
ドンガメ伏せにしてどうにかこうにか体裁をつけたのだった。
この発想の転換のすばらしさ。
人生も料理もここぞという気合いを入れる瞬間があるのだと教わる話だ。

その後、スイーツがいまだかつて味わったことのない衝撃的なうまさ丸だしときて、
思いがけなく好結果を生んだタタンねえさんの名前とともに好評を博したのだという。
くー、怪我の功名、棚からボタモチっちゃ、こういうことか。

ま、今でいう行列のできる店って感じだろうが、
今じゃ里山に住む当方までもがタルト・タタンを作るためのリンゴの木を植える程に、
その美味しさは全世界の美女を虜にしてるわけネ。
ん?なんかおかしなことを言ったかナ。

タタンねえさんのうっかり、ちゃっかり、
あっぱれ話は大胆脚色、不敵割愛なので、
ご興味あらば正式はウエブで。






posted by イイジオリーブ at 16:48| Comment(0) | お菓子 タルト・タタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。