ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2013年08月31日

マスターミラー(搾油技術者)講座 in 小豆島


ゆだるような暑さにもめげず毎夏、
悠々、青々とツルを走らせるおとなりさんのサツマイモ。
その芋力にこれは素人に向く!と確信したわたくしは、
この初夏、初めて芋苗を買い求めに走った。

さて芋の種類は言葉を発して抑揚の良いものという理由だけでチョイスした
金時、安納、小金芋だが活字にするだけでもうまそうだ。

ところで三種苗の植え付けからのめくるめく数カ月間のことは覚えていない。
地獄絵図のような暑さで記憶をなくしたのかそれとも宇宙人に拉致監禁されていたのか、
とにかく庭は手つかずのままであったのだ。

そしてハタと気がつくと、
こころ落ちつく我が枯山水の庭園は、
雑草の餌食となり荒れ放題になっていた。
しゃぁないなぁと先日、草刈りを頼んで外出していたら
思いっきりのよいイモ葉カットのツルッパゲになっていた。
後は申し訳程度に残った芋ヅルが地面のここかしこにヨボヨボと這うのみだ。

かくてもあられけるよとあはれに見るほどに。
というわけで徒然なるままに夕空を見上げていてある疑問がアタマに浮かんだ。
それは葉のないツルだけのサツマイモが養分の宝庫である塊根つまりイモを、
地下茎に生産することはできるのだろうか、というものだ。

そこで友人や近所の芋博士にそのことを尋ねてみたところ、
「葉っぱなくしてどげな光合成ばするとな。イモができるわけがなかろうもん」
との迅速な応であった。
みんなの想像力と風情のなさにはおどろくが、
でも、なんとな〜く一理あるような。

しかし、一瞥をくれたその眼光鋭さは、
わたくしにイモ!といわんばかりであったが図星であることは否めない。

さて庭つながりでミッション、マンザニロ、
ネバディロブランコ、ジャンボカラマタ、
といった数本のオリーブの木にこれまでにない量の果実がついた。
なにしろ背丈の低い木の上に無施肥、無農薬、無放置状態なので、
このマジックにはおどろいている。
とはいえマイオイルにはえっちらおっちらだ。

そうそう、自分のオイルといえば10月に、オリーブオイルを搾油する
生産者及び将来搾油を予定している生産者にむけて最適な講座と題し、
オリーブ協会主催「マスターミラー講座イン小豆島」が実施される。
これは搾油者のみならずオリーブオイルに携わる者として学ぶ価値があると思う。
うかがいたいものだ。

な〜んて、うつらうつらしていると友人が電話をよこしてきて
オリーブの豊作なワケを、
「植物は自分の最後となるとドバッと華をさかせるんだよ。」と謎ときをしてくれたのだった。
はれま〜



posted by イイジオリーブ at 21:29| Comment(0) | オリーブオイルソムリエ協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。