ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2015年04月09日

北斗さんをアンバサダーにオリーブジャパン2015は18日(土)・19日(日) 


3月末から桜の開花が順調だったところへ予想だにしない雨続き。
そこで花見が頓挫の集団がわが家へとなだれ込む、といった災難でわたくしの春が来た。

さて不埒なひとたちが酒宴とくれば決まってはじまる助平談議。イヨッ、待ってましたぁ
ああ、それなのに体調不良か更生か、
まさかの健康食というまっとうな話になったのでわたくしは遺憾であった。

なかでも盛り上がりを見せたヘルシーフードはいつぞやの冬、
一同がその外面に目を凝らしたラーヴァブレッド。
ラーヴァブレッドとは友人が世界股歩きを謳歌していたその昔、
ウェールズ南部で食べたという海藻を煮込んだ郷土食で、
血糖や血圧のバランスをとるに有効のいわばミネラルの弾丸なのだそうだ。

で、あるから是非、作って食べようではないか、と背中を圧され先ずは岩ノリ調達。
しぶしぶ近くの海岸で極寒の中の海苔採り実演とあいなったのだが、
ああ、想い出すだけでも気管支が縮みあがる。

ところで諸説あるラーヴァブレッドの調理法で、
友人は生海苔をコンソメスープで煮込み適宜量のオートミール粉を加えてディップにした。
出来上がりをそのままにスクランブルエッグ、マッシュポテトの付け合わせや、
パンに生ハムとのサンドなどなど、ちゃんとおつとめのできる一品だ。
しかしながら、いかんせん灰黒色ドロドロの形状が不気味である。

では食味。
海藻の香りがなんともいいねぇ、ワシには向かん、ボーノボーノ、
微妙よね、と味の評価はさまざまも、
後日、ベーコンとニンニクで焼くとにじみ出る脂のうま味と相まって、
主役を引き立てるすてがたい脇役になると分かったあの日、あの時。
オリーブオイルよし、ごま油も変化に富み、
脳の細胞に良いと今、熱い眼差しのエゴマ油も続けとばかり。
油脂は各種様々に使い分けるとラーヴァブレッドならずとも食べ物の旨味と栄養価を倍増させる。

と、あらば当月は18日(土)〜19日(日)二子玉川ライズ・ガレリアにて開催の
オリーブジャパン2015が気になるところだ。
なにしろ世界15カ国、400品以上のオリーブオイルの品評会はオイルの魅力とそのツボだらけ。
くわえてマルシェが楽しめるところはまさにUSP。いざ行かん



posted by イイジオリーブ at 14:07| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。