ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年05月31日

五月の或る日


5月某日、麦秋を迎えた里山。
041.JPG                  
麦にとっては秋のような時節。
どうにか台風前に収穫を終え、今は麦を刈り取った後の株が生成り色を呈したまま、そのほのぼのぶりを向こうの丘まで披露している。
わずかな自給率ではあるけれど近くの直売場では、地産の新小麦粉がそろそろお目見するころだ。
オリーブオイルと共に食の安心や安全をたっぷりと練り込んだフォカッチャの生地作りに、一役買ってくれる地元の頼もしい農産物の代表格。

041.JPG
そしてこの時期、おとなりのお庭をうかがうと・・・

026.JPG
毎年きまって、豊かな香りと優雅な微笑みを持つそれぞれの薔薇たちが出迎えてくれる。
こちらは延命剤も農薬も無縁、だからエディブル・ローズに打ってつけだ。
なにしろ、薔薇の栄養成分はビタミンC、そしてビタミンEやポリフェノール。
それはオリーブオイルの成分に似ていて、食せば共に活性酵素を取り除くアンチエイジング効果を持つ。
しかし、何よりも薔薇の花が体とこころに働きかけてくれるものは、
オリーブの花には持ち合わせのない大胆な美しさと圧倒されるような装飾性ではないかな。

004.JPG
かたや、楚々とした美しさを持つオリーブはモクセイ科。キンモクセイやジャスミン、ヒイラギ、さらにシマトネリコにライラック。
そうそう、プリペットも仲間内となる。
とはいえ、香りはモクセイのように強く、確かなものではなく、晴れた日などはまったくおくびにも出さず香りなき?と思うほどだ。
ところが、雨の落ちる日の前後や、霧にむせぶ湿度の高い夜ともなるとひそやかに、ゆるやかに、おや?、おや、おやっ・・・と。
そして、闇夜にさやけき白い星を思わせる小さな花が浮かびあがる。
その様は、思わず踵を返し見入りたくなるようにやさしい。

小粒の星を誇らしげに。
026.JPG
雨と風の後は、いろはにほへと ちりぬるを・・・
こぼれ落ちても凛としてなおも美しいオリーブの花弁たち   ありがとう。


posted by イイジオリーブ at 00:30| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

私流の休日


四季折々の風光明媚で知られる佐賀県の某村へと出向くと海底のような静けさと深い色あいの山々が連なる。
今はむかし・・・ここへけっこうな数のオリーブを植えていたわたくし。

201105071016.jpg
ところが そのオリーブの木はどなたかがお持ちになって
いまや、代わりにタケノコが・・・

         201105071128 (2).jpg
それからというものわたくしは毎年、タケノコを掘ることに
*タケノコの肌は黒くなるけれど旨味の出るアク抜きには椿の葉っぱを。
椿葉はアルカリ性。そしてお茶の成分であるカテキンを持っている。
出ました!オリーブオイルソムリエの知恵袋  
おまけになんでも入れちゃえ、ヨモギにクマ笹。


032.JPG
そこでオリーブの神様よりお告げを受けたわたくし
『ポリフェノールであるオーレユーロペンがいっぱいのオリーブの葉でタケノコを茹でてみなされ
きっと、良いことが起きるであろう。』
由来■オーレ=オリーブ ■ユーロペン=ヨーロッパ   
そして試食。うわっ、パツ、プッ、プッ、これはいかんぞなもし。
神様、アクが抜けるどころか倍になって戻ってきております。
ということは、オリーブ葉はツバキ葉とは異なりアルカリ性ではないということである。


088.JPG
して、オリーブ葉はお茶や薬効エキスの他に活用はないものか!と思ったその矢先、玄界灘のタコ君が現れた。
ついでなのでタコ君にオリーブ湯を体験していただく。
オリーブ湯の効能はいずれまた・・・
posted by イイジオリーブ at 01:22| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

私流の休日


さわやかな子どもの日です。

033.JPG
春の大気をたたえた中に・・・

030.JPG
りんごの花もほころんで   さんさ種

002.JPG
さて、はて、本日の様子は・・・と覗いてみると。
おや、おや? そこにあるのはアシナガバチさんの会心の作のみ。
おお、これは昨日のつぶやきが功を奏して自主退去?!!

016.JPG
では、では、撤去といきますか・・・そろり〜そろ、そろ、
と!!その時!頭上より来るは・・・

005.JPG
*おら、おら、おら、怒

006.JPG
わわわわ)))))))ぁぁあああぁあ))))))))))))

011.JPG
*ひょっとして、なめとるの?

      いえ、いえ、そんな、滅相もない・・・

< アシナガバチ・わたしのプロフィール >  
わたしはケムシやカメムシなど多くの害虫を餌として、活動期のほとんどを休むことなく働き続けます。
毒針は持っていますが性格はおとなしく刺激されぬ限り人様を、むやみに刺したりはいたしません。
わたしは益虫です。誤解なきよう。


かくして、「アシナガバチさんご理解説法」にしぶしぶのわたくし。
これより志の高き者同士、害虫捕獲という終点のない列車に飛び乗る所存でございます。

posted by イイジオリーブ at 16:40| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

私流の休日


*花曇りの休日*
   003.JPG
        
畑へと急降下するヒバリのさえずりが山々に響き渡り〜
ここは九州のヒバリーヒルズ・・・トホホホ
         
若木、おさな木を合わせて完全無農薬の65本のオリーブ。
これらがいっせいに活気づく嬉しい季節も炭素病に梢枯病、おまけにスズメガ・ハマキムシ。
ほい来た、また来た、テッポウムシ。
ついでにカミキリムシが飛来して、わが庭は性に乱れた若虫たちの楽園と化すのであった。
015.JPG
虫たちは 藤の花にも誘われて・・・
      
害虫予防の必殺見まわり番は、かかすことなく行うのが無農薬栽培の基本中の基本である。
しかし、わたくしは何かと忙しい。

と、1本のオリーブの木にとんでもない輩を発見!
おっとっと、敵機襲来でござる!
この御仁には違う意味で即刻、退去願いたい。

  045.JPG
ン?、なにか言った?

   
posted by イイジオリーブ at 12:59| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

私流の休日


GW ゴールデンウィークにほころぶロシアンオリーブの花
034.jpg
資生堂の香水・「沙棗」のリーフレットに、
君、徒(いたづら)に沙棗(さそう)の香りを身にまとことなかれ・・・と詠われたロシアンオリーブ(別名・サソウ)の花蜜に夢中のニホンミツバチ。  

048.jpg
グミ科の仲間のロシアンオリーブを追いかけるように、庭ではオリーブの花芽がいっせいに膨らみます。
さぁ、召しませ 香り
posted by イイジオリーブ at 13:46| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。