ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2012年07月31日

グリーンのカーテン


窓越しにしつらえたキュウリのカーテンに、日ごと2〜3本の収穫物で献立に重宝している。
例年、作付け処は畑が決まりだが今夏は、趣を変えて大型プランターに仕立てたものをガラス窓の足下に置いてみた。

しばらくするとキュウリのツルが麻ひもネットにうまくからまって、
今では立ち位置目線のすぐ手の届く高さに悠々として実が下がっている。
そのなかを明るいきいろを呈した星型のキュウリの花が朝露をまとう姿は優雅だ。
かの繊細な光景や鮮度を表す突出したトゲトゲの巧妙な造形を愛でていると、
あまりにも神秘的でキュウリであってわたくし達が口にするキュウリではないように思えて来る。
普段、何気なく食する野菜を崇めたくなる瞬間、
それは神さまの食べ物となっているのではないだろうか。

さて、脇に寄せ植えをしているインゲンはキュウリの成長促進効果、
バジルはその防虫対策とおとなりさんからご指導の
コンパニオンプランツが功を奏し今のところは病気知らずだ。

肥料はオリーブと同様の剪定枝葉の堆肥のみで賄っている。
ゆえに市販のモノと比べると我が家のはふくよかさはなく筋骨キュウリだ。
そのいつぶつが風に揺られてぶうらぶらの大胆な絵図等は、
残念ながらお洒落なハーブガーデンの妙味など皆無ときている。

ところで先だって、坪数は小さいが雑草だけは大型の農園並みに茂っている
我がオリーブ畑の草刈りを友人が実行してくれた。
完璧なすっきり感だ。
タヌキやマムシの居場所がないのが気の毒だね、
と辺りを眺め回していると電動草刈り機の餌食となった成長期段階のオリーブ数種が
無残な姿で目に飛び込んできた。

ああ、えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。
ひどく騒いでいたら「なんでオリーブの木に目印の棒を立てとかないんだよ」と逆に叱られた。
それもそうだ。

友人の画竜点睛を欠く仕事ぶりは相変わらずだが実は大いなる篤志家なので許す。
それにわたくしは頭にはきても腹はたてたりなどしないのだ。




posted by イイジオリーブ at 23:51| Comment(0) | グリーンのカーテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。