ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年01月28日

アレッポ石鹸づくりを見学


YouTubeに「アレッポ石鹸」の作り方を紹介した動画を見つけました。伝統の製法が代々受け継がれてきたという歴史と誇りを感じます。石鹸を使いながら、オリーブの悠久の歴史に思いを馳せています。

大きな釜で炊かれたオリーブは、小さなプールのような平地に流されています。固まると雪駄のような不思議な木の靴をはいたおじさんたちが数人でカットします。その後にぺったん、ぺったんと行う「刻印」作業が面白いです。

Aleppo soap video


Savon d'Alep


シリアやヨルダン、パレスチナなどの中東のオリーブオイル石鹸は、伝統的な製法を守ることが重視されています。そのため、ロクシタンなどで売っている、形もパッケージもこじゃれたオリーブ石鹸とは一味も二味も違った使いごこち、匂いがします。

余計な添加物を入れない伝統的でエコな石鹸というバックグラウンドを魅力に感じる方には気に入っていただけるかもしれませんね。

保湿製品市場は大激戦。モデルの川端ジェシカさんは、ブログによると、シアバタークリーム(ウガンダ)がお気に入りとか。アフリカのシアバターを使った商品もだいぶ市民権を得てきました。

http://blog.honeyee.com/jessica/archives/2010/12/26/post-362.html

そして、アレッポ石鹸(シリア)にナブルス石鹸(パレスチナ)、マルセイユ石鹸に小豆島の保湿用オイル。日本からはニベアやらオロナイン軟膏にも根強い支持が!

形は素朴で、飾りっけもありませんが、中東のオリーブオイル石鹸も保湿性では負けていません。ぜひウェブで見つけてお試しあれ!





posted by Mark at 00:28| Comment(0) | ヘルス&ビューティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

乾燥対策にオリーブオイル石鹸


ずいぶん前に、アラブ諸国の方からいただいたオリーブオイル石鹸を、今日いよいよ開封!

このオリーブオイル石鹸、ウェブをみていると、アフリカのシアバター・クリームとともに、「保湿効果」が期待できるものとして、だいぶ浸透してきたようです。オリーブオイル石鹸のうち、いわゆる“アレッポ石鹸”として出回っているのは、シリアのアデル・ファンサという企業の商品が多いようです。A.F.という刻印が特徴。結構いい値段しています。

オリーブオイル石鹸は、乾燥させる前は全体が緑色。乾燥から熟成期間を経て、外から茶色っぽく変わっていきます。開封した私の石鹸も、いい感じに熟成されてきていました。刻印は「ハート形」。そこにアラビア文字が見えます。シリア産ではないかと想像しています。

アレッポ石鹸.JPG
いい感じに熟成されてきています


一般にオリーブオイル石鹸は、顔、身体はもちろん、女性はメイクも落とせるし、髪も洗えます。服の襟元の汚れ落し、ジョギングシューズの汚れを落とすのにも効果があるよういです。

開封した石鹸、使ってみたら保湿効果絶大。しっとりスベスベ。母親や妹にも勧めていますが、気味悪がって(笑)使ってくれません。

うーむ、オリーブオイルは色々な意味でやっぱり奥が深い!

posted by Mark at 14:10| Comment(1) | ヘルス&ビューティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。