ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年02月01日

メイド・イン・小豆島の実力。(2)


小豆島の国産オリーブオイルは、品質の高さはもちろん、生産量に限りがあることもあって大変貴重なもの。東京の小売店で見かけることもありますが、一般に手にしにくい産品の一つです。酸化を進めないため、実を一粒一粒、手で丁寧に摘み、選別した「手間ひまをかけ、愛情を込めたオイル」。これこそ、小豆島のオリーブオイルが消費者を惹きつけてやまない「実力」だといえるでしょう。

オリーブ畑から瀬戸内海.JPG
オリーブ畑の向こうには瀬戸内海


東洋オリーブロゴ_2.JPG


<希少性、国産志向が追い風>
小豆島の国産オリーブは、東京では入手は容易ではありません。オリーブの栽培面積は50ヘクタールほどで、オリーブオイルの生産量は年間約10トンあまり。新シーズンのオリーブオイルは小豆島でさえ、2〜3月にはなくなってしまうことがあるといいます。主力品種は、ミッション種、ルッカ種、ネバディロ・ブロンコ種、マンザニロ種。「時価」なんて表示されていると戸惑ってしまうこともあるかもしれません。小豆島を訪れると、その価値の“ワケ”が理解できます。手間を惜しまず、良質なオイルをつくろうとする、生産者の熱意とオリーブ愛がそこにあるからです。

東洋オリーブ早摘み.JPG
東洋オリーブの早摘みエキストラバージンオリーブオイル


一般に、小豆島のオリーブオイルはマイルドで、フルーティな香りと爽やかな味わいが特徴。程よく辛みのあるこのフルーティな風味を味わうには、サラダやマリネなど生でいただくのが一番です。一方で、早摘みした青い果実だけで搾るオイルは、若草のような香りで、スパイシーな味わいが特徴です。

オリーブ園EVOO.JPG
オリーブ園のエキストラバージンオリーブオイル


小豆島のソムリエ仲間によると、生産者が搾油したオイルはほぼ販路が決まっていて、市井に広く流通するほどの量はないといいます。外国人が「日本でもオリーブが採れるのか」と驚くのも、こういういうところに事情があるのです。

<幻の品種?「セントキャサリン種」>
最近の注目は、最大手の東洋オリーブ鰍ェ販売を開始した「セントキャサリン種」。この種は1932年に小豆島にもたらされた品種。若草のようなフレッシュな香り、強めの辛みと葉緑素を多く含んだ、濃緑色のエメラルドグリーンが特徴です。肉料理に最適だといいます。同社が販売を開始した商品は、搾ったジュースを濾過処理することなく、そのまま瓶に詰めた無濾過タイプ。光による劣化を防ぐため、アルミパウチに梱包されています。レギュラー・タイプの小豆島産とは違った新しい魅力を感じることができます。

セントキャサリン.JPG
セントキャサリン種。栽培が難しい幻の品種


<驚きの「酸度0.09%」>
酸度とは、オリーブオイルの酸化の度合いをいいます。つまり、脂肪酸が何%遊離しているかの度合いです。例えば「酸度1%」といえば、100グラムのオリーブオイルのうち1グラムの脂肪酸が遊離していることを意味します。私たちが口にするエクストラバージンオイルとは、国際オリーブ協会(IOOC)が定めた規格の「酸度0.8%以下」のオリーブオイルを指します。私が小豆島で出会ったアライオリーブの酸度0.09%のオイルは、稀にみる低酸度のエキストラバージンオリーブオイル。酸度が0.8 %以下で良質なものをエキストラバージンと呼ぶことから考えても、常識を超越した幻のオイルであることが分かります。

アライオリーブ_テイスティング.JPG
スプーンでも沸き立つフレッシュな香り


アライオリーブ_パッケージ.JPG
酸度なんと0.09%!


このオイルは、生産者の荒井信雅さんが「究極のオイルを作りたい」一心で、研究に研究を重ねて開発した一品。瓶は光による劣化を防ぐため、銀色の特殊塗料を二度塗りしており、充填時にはある秘密のガスを入れるとこと。開封せずに状態のよい場所に保存すれば、5年間は0.09%という酸度を保てると荒井さんは胸を張ります。荒井さんは究極のオイルづくりだけを目的にしているわけではありません。ご自分がこれまで蓄積してきた技術の伝承を将来を見据えて取り組む姿勢には脱帽するしかありません。

どの生産者も、「自分の絞ったオリーブオイルが一番」との自負を持って生産しています。こうした自負と自信が小豆島の国産オイルの「実力」を下支えしているといえるでしょう。日本が誇る高品質で安全・安心なオリーブオイル。伝統産品としての位置付けにとどまらず、地域振興を支える基盤産業のひとつとして、また正真正銘の「ジャパンブランド」として一層の活躍を期待したいと思います。

<小豆島の主なオリーブオイルサプライヤー>
株式会社ヤマヒサ
タケサン株式会社 
有限会社井上耕誠園 
株式会社オリーブ園
財団法人小豆島オリーブ公園
東洋オリーブ株式会社
ヤマサン醤油株式会社
小豆島オリーブ株式会社
出所:小豆島町役場 オリーブ情報サイトOlive Station

(続く)




posted by Mark at 00:33| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

メイド・イン・小豆島の実力。(1)


「小豆島に行ってくる」って言ったときに返ってくる言葉といったら、「二十四の瞳の学校に行くの?」とか、「あー、橋が架かったとこだっけ?」。東京では、小豆島が日本の“オリーブの聖地”であることはあまり知られていません。日本最大のオリーブの生産量と最高の品質のオリーブオイルを誇る小豆島――。青い空にオリーブの樹々が揺れるその島は、日本のシチリア島といっていいでしょう。


小豆島で会った夕日.JPG
小豆島で出会えた夕日


<島のいたるところにオリーブの樹が>
年間を通じて雨が少なく、温暖な小豆島。気候は、イタリアやスペイン、ギリシャなどの地中海性気候に似ています。オリーブがこの島にもたらされたのはほぼ100年前に遡ります。時は、「欧米列強に追いつき、追い越せ」と近代化がすすめられていた20世紀初頭。日露戦争で勝利した日本が北方に広大な漁場を手にして、水揚げされるイワシやマグロの保存に注目されたのがオリーブオイルでした。

みかんの木とオリーブの樹.JPG
みかんの木と並んで育つオリーブの樹


ミッションの葉のアップ.JPG
オリーブ天国、小豆島の代表種「ミッション」


小豆島は1908年、鹿児島、三重とともに試験植樹地に選ばれ、米国からもたらされた「ミッション種」のオリーブが植樹されました。ほかの試験地での栽培がうまくいかないなか、1911年に収穫に成功したのが小豆島だったのです。日本でのオリーブ栽培の歴史の幕開けです。100年の歴史は平坦なものではなかったといいます。台風などの自然災害、日本固有の害虫であるアナアキゾウムシ対策、米国の文献の訳語が分からない故の試行錯誤。小豆島の生産者はこれらの逆境をたゆまぬ努力と熱意で乗り越えてきました。

オリーブ原木.JPG
オリーブ生産地としての歴史を刻んだ原木


オリーブ原木の看板.JPG
この樹は「オリーブ園」にあります


熱しやすく、覚めやすい日本ならではの食品市場の動向に翻弄されてきた側面にも触れておくべきでしょう。小豆島のオリーブ製品は1950年代、“高級品”としての地位を確立しますが、1959年の貿易自由化による安価な輸入品の流入で打撃を受けました。そして一時的なブームやブームの終焉を繰り返しながら、ようやく日本にもオリーブの市場が定着。イタリア料理ブームは、消費者の健康志向ともあいまって、オリーブオイル市場の拡大の追い風になりました。

<「オリーブ振興特区」で地域活性化>
2003年には、小泉内閣で鳴り物入りでスタートした構造改革特区の一つ、「オリーブ振興特区」(注)として小豆島の内海町が認定されています。高齢化などを背景に作付け面積が縮小する一方、イタリア・スペインブームを受けて国産オリーブの需要が増加したことから、これを機会に地域再生に活用していこうというものです。当時の竹中平蔵経済財政政策・金融担当相は雑誌プレジデント(2004年5月17号)の中で、「オリーブは、商品として使えるようになるまでに8年かかるというが、ぜひ成功させていただきたいものである。これが農業と観光を結ぶことになれば、大いに地域活性化に役立つに違いない」と述べています。

(注)新規参入の許可が取りづらいため振興しづらい農業について、許可を緩和し、新規参入の企業が遊休農地を使って、地元特産のオリーブを栽培出来るようにし、町の活性化を図る、というもの。

オリーブ茶農園.JPG
これ、オリーブの樹です。オリーブ茶畑として特区で認定されたもの


2008年には小豆島へのオリーブ植栽百年の数々の記念行事が行われたそうです。オリーブオイルの家庭内需要の拡大などを背景に、オリーブは瀬戸内の小さな島のシンボルや特産品としてだけではなく、小豆島の経済を支える「産業」の一つとしての役割が期待されています。

オリーブ百年祭キャラクター.JPG
オリーブ植栽百年イベントのキャラクターを発見


次回は小豆島を訪れて感じた、その魅力や潜在性について書きたいと思います。

(続く)


posted by Mark at 21:47| Comment(0) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

なんの話だっけ(3)

『勝ったも同然!』

おそらく、昨夜の日韓戦はボクシングならば日本の判定勝ち!
認められなかったけれどハンドは確かにありましたよね。

本田、松井、香川の各選手が誘導的に動いて、お互い抜けたところをカバーできていたし、
プレーにみなぎる落ち着きの根源は、まちがいなく選手の意識がくまなく相手チームの動きを網羅しているところです。

つまりです、これはまさしく!ダークカラースーツの似合うザック監督の指導力の賜物。
残念、無念は引き分けだったことだ。(あたりまえですみませんな)
しかし、2月、5月のホームの時とはまったく異なる資質と明確なプレーに、
これからの展望を「大吉」と占う本年、最後の熱戦でありました。

ところで、オリーブを育てるのも自分と言う監督の裁量ひとつ。
スポーツチームだって確固たる団結力と方向性を決めるように、
オリーブだって単に植えるだけではなくその目的を決めることが先決ですよね。

庭木として樹形を楽しむのか、それとも実をたわわに生らせたいのか。
それぞれ、剪定の仕方が違いますぞ。
単に庭木ならば或る程度の放任はかまわないけれど、
実を望むのならば垂れ下がった枝は切る。
交差して込み入った枝も取り払うなどさまざま。
選定時期は1月~2月。

しかしオリーブは完全に根を張ると強い。
だから、あれれ?と思った枝はいつでもカットするのがイイジ流です。

とはいえ、監督が選手を選ぶその苦悩、とは比較にならないにしても、
オリーブのステキなシルバーリーフの枝を剪定するのって、けっこう勇気が要りますよね。
でも心配は御無用。
オリーブは数カ月もすると元気に芽を出します。
だからやっちゃえ!ゴールだ!

いや、はや、まったく、かっこいいなぁ、ザック監督は、って一体なんの話をしてたんだっけ。


posted by イイジオリーブ at 14:37| Comment(0) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

オリーブの新漬け

小豆島のオリーブの新漬け

10月10日は小豆島のオリーブの新漬け、発売日です。
出始めのこの季節、店頭に出るのは「マンザニロ」という
果肉の少しやわらかい早生品種のオリーブ。
さらに、その後「ミッション」という品種の実を収穫します。
この実を、渋抜きをしてから、塩水に漬けたものを新漬けと呼んでいて
外国で言うテーブルオリーブスと同じようなものです。

オリーブの新漬けは薄い苛性ソーダの水溶液に浸け、
その後何日か水を替えることによってアク(渋)を抜きます。
(缶詰のミカンの場合は、袋を取るために使います)
木になっているオリーブの実、好奇心で食べたことのある人はご存じかもしれませんが
とても渋いものです。オリーブオイルとして搾れば気にならないこの渋みを
いかに抜くか?ということで思考錯誤したのが大正時代始めの小豆島の人達。

かれこれ100年以上前、明治時代に日本に持って来たオリーブを
手探り状態で栽培し、ようやく実を収穫できるようになった後
オリーブを食べている国で行われている、水や塩を使う渋抜き方法を試すも
どうしても渋みが抜けきらない。そこで、色々な文献を原書で探し
lye という言葉を見つけてアルカリ溶液での渋抜きを試し、今に至るのですが
これほど一生懸命渋抜きをした理由は何だったんでしょう?

小豆島オリーブマイスター検定にも出題されていましたが
大正天皇即位のお祝いの品としてオリーブを用意していたからじゃないか
と個人的に推測しています。外国の植物を初めて日本で作って、
さらに収穫した実を天皇陛下に献上する、ということが
その当時、どれほどのプレッシャーだっただろう?と。

日本料理は下ごしらえでアクを抜き、味をつける料理法が多いような気がします。
渋みや苦みもいったん抜くし、渋柿や山菜のように渋抜きの方法が複数あるものも。
おでんの大根や、油抜きして入れる練り物も同じ。
なので、オリーブも同じようにアク抜きしたのかな?なんて思っています。

オリーブオイルの他にオリーブの実も使う外国料理に
新漬けのオリーブで代用すると味が決まらない、という話もちょっとわかる気が。
例えば、日本の梅干し。
酸っぱくないものも、あるにはありますが、普通は塩漬け。
魚を煮る時に、調味梅干しを使うと、物足りない?と思うのと似てるかな?と。
強い個性も味のうち。なじみがあるか、ないかなのかも。

オリーブの新漬けは、乳酸発酵させて渋を抜いたオリーブの実と比べて
あっさりとしていて食べやすく、小豆島では学校給食にも出ています。
季節限定のものなので、気になる方はお早めに。

自分の家のオリーブを漬けてみたい方はこちらを参考にどうぞ。
私は、3〜3.5%の塩分で浸けたものが好みです (^^♪
小豆島町のサイト
http://www.town.shodoshima.lg.jp/oshirase/olive-siozuke.html
香川県のサイト
http://www.pref.kagawa.jp/shozu/nokai/topic/olivecook.htm

NEC_2706.JPG
posted by はすいけ at 01:11| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

今日はオリーブ新漬発売日!

20101010.jpg
今日10月10日は、オリーブ新漬の発売日です。
この日を待っている人も多いのです。私もその一人♪

とりあえず、5社ほど入手しましたので記念写真。

さっそく一つを開封して、さきほどパクリといただきました。
美味しい!
ここのはちょっと実が柔らかいな〜なんて思いながら食べました。
お店によって味も風味も違うんですよね。
漬物ですから、各家庭の味があるように、各お店の味があって当たり前なんです。
実の品種も今は多分マンザニロで、もうしばらくするとミッションも出回ると思います。
お気に入りの味を見つけたり、自分で漬けたり。
楽しみです。


小豆島ではお馴染の新漬ですが、他の地域でも手に入るかな?

通信販売はあるようです。気になる方はぜひ!

東洋オリーブこちら
井上誠耕園こちら
オリーブ園こちら
オリーブ公園こちら

posted by やぎ at 22:34| Comment(1) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。