ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2010年09月18日

虹の国、南アフリカのオリーブオイル(3)


出張やプライベートで海外に出たとき、その都市がどこの文化の影響を受けているのかを恐る恐る探っていくのも、私の旅先での楽しみの一つです。幅をきかせているのはCNNとBBCのどっち?外食チェーン店で目立つのは?街中で走っている車は?周りの人たちは水を何と言って注文してる?本屋で売っている本はどこの国の本?ドライバーが吸っているタバコは?…などなど。

<家庭の食卓にはオリーブオイル>
緊張しつつも興奮を抑えきれない、この一連の作業が終わると、ようやく心は落ち着きを取り戻します。南アが旧宗主国のイギリスの影響を社会的にもビジネスでも強く受けているのは明らかでした。延々と続くクリケットの中継、街中の会話に耳を傾けると、話題はラグビーの3カ国対抗で、スプリングボクス(南ア代表)がオールブラックス(ニュージーランド代表)に「連敗」した戦犯探し。地方に行くとCNNが見れない。サッカー日本代表の活躍への賛辞――など、まさにイギリス文化圏にありました。

IMG_0676.JPG
ステレンボッシュでの昼食(ランチ・プラター)


そんな南ア社会の家庭の「食卓」を見てみたい。南アは、気候が地中海性気候なのだから「地中海型食生活」をしているのか、あるいは英国文化圏ゆえに、世界的に評判の芳しくない英国料理の影響を受けているのか。オリーブオイルソムリエとして、そしてフードアナリストとしてもワクワクするところです。

そんななか、思わぬ成り行きで、あるワイナリーのオーナーのご家庭にお邪魔し、昼食をしながら仕事の話をしようということになりました。急いでお贈りするワインを調達して、食卓に案内されました。ありました!食卓にオリーブオイル2種類とテーブルオリーブ。白・赤バルサミコ酢。同居されている娘さんの話では、「大抵の家の食卓にはオリーブオイルとバルサミコ酢かワインビネガーがある。私はその日の気分でオイルだけ使ったり、混ぜたりする」。

IMG_0760.JPG
食卓にはオリーブオイル、バルサミコ酢が常備


IMG_0759.JPG
サラダはTokaraのミッションでいただきました


南ア全土で「地中海型食生活」をしているわけではありません。少なくとも、ケープタウンがある西ケープ州の白人系社会では「地中海型食生活」が実践されているようです。一方、アフリカ系のコミュニティでは、トウモロコシ粉(メイズ)をお湯で溶いた「パップ」を主食に、野菜、果物の皮をチリペッパーで煮込んだり、和え物にした「チャカラカ」と呼ばれる伝統食が根付いているといいます。

IMG_0666.JPG
ステレンボッシュ中心部


<立派なオリーブ製品専門店>
さて前回の書き込み「その2」で、南アオリーブオイル協会のスタッフと会えなかったため、サンプル収集に郊外のショッピングモールに向かうことになった、と書きました。そこは最近日本にもよくある、郊外の大型ショッピングモールのようなつくりで、数階にわたって小売店舗とスーパーが入居している利便性の高い、清掃も行き届いた立派なところでした。駐在員も「行ったことがない」ということで緊張していましたが、庶民のためのモールという印象で、無事にターゲットの店を発見し、店員にあれこれ聞きながらサンプルを購入しました。

ヨハネスブルクの一般のスーパーでは、そのPB商品、イタリア、スペインのマス・プロダクションの製品、そして一部南アのコマーシャル・クラスの製品が並んでいるだけ。私が行った専門店「Tapanade Olive Shop」(http://www.tapenade.co.za/)は南ア製品だけを扱うお店で、コマーシャル・クラス、ブティック・クラスのオイルはもちろん、テーブルオリーブや美容製品、料理用品、レシピ本まで置いてある本格的なところ。お店の写真は治安上、撮るなといわれたため撮っていませんが、ウェブサイトをご覧いただければお分かりになるように、小奇麗で清潔なお店です。イベントなんかもやっているみたいですし。

IMG_0608.JPG
南アの一般的なスーパー(ヨハネスブルクのサントン地区)


そして先日、現地から送ったサンプルが到着!梱包にかなり気をつかったため、瓶の破損もなく、輸送時に抜き取られた様子もありませんでした。入手したオリーブオイルは9種類。面会したWillow CreekのDirectors' Reserve Extra Virgin Olive Oilをはじめとして、Tapanade Olive Shopで売れ筋、お勧め、有名なサプライヤーと言われたものを購入しました。

IMG_7936.JPG
サンプル到着!


〔購入したサンプル一覧〕
Willow Creek Directors' Reserve Extra Virgin Olive Oil(Willow Creek)
Morgenster Cold Extracted Extra Virgin Olive Oil(Morgenster Estate)
The Olive Shed Leccino 2009(TOKARA – THE OLIVE SHED –)
The Olive Shed Mission 2009(TOKARA – THE OLIVE SHED –)
Kloovenburg Cold Extracted Extra Virgin Olive Oil(Kloovenburg)
Olyfberg Extra Virgin Olive Oil Cold Pressed(El Olivar)
Franschhoek Olive Oil Company(Auberge Clermont)
Olyven Houdt Extra Virgin Olive Oil(Olyven Houdt Olive Farm)
Mont du Toit Extra Virgin Olive Oil(Mont du Toit Kelder)

IMG_7953.JPG
Kloovenburg


IMG_7960.JPG
Mont du Toit


写真でご紹介するのは入手したサンプルの一部です。先日、ようやくデータなどの整理が終わりました。2本ずつ買ってきたうちの1本はソムリエ協会に寄付します。

IMG_0670.JPG
ステレンボッシュのカフェ


<将来は影響力ある生産国に?>
出張の機会もなかなかない南ア。もっとオリーブオイル産業の全体像を掴みたかったな、もっと関係者に話を聞きたかったなと後悔は尽きません。出張目的がオリーブオイルの調査ではなかったので仕方ないですが。おおよそのまとめをするとこんな感じかなと思います。関連のウェブは相当見つけましたので、丹念に読んでいけばアウトラインはつかめるでしょう。

○ 南アのオリーブオイルの生産量は1,000トン強、テーブルオリーブは3,000トン(WESGRO:The Western Cape Investment And Trade Promotion Agency)。
○ 年間30万本のペースで苗が植えられている(同)。
○ オリーブオイル農園は見た目にも増えている(駐在員)。
○ 国内市場、欧州への輸出で利益を上げているため、極東への輸出には強い関心がない(駐在員)。
○ クオリティのレベルは高い。パッケージにもコストをかけており、日本市場への参入はパートナー次第で十分可能。ワイン同様、輸送上のアドバンテージもあり。

IMG_0808.JPG
自分へのお土産:Tokara Premium EVOO 2009


こんなペースで苗が育って実を結べば、中堅生産国の仲間入りをする日も近いかもしれませんね。

何年も口説いているのになかなかFOODEXに出てくれない南アのオリーブオイルのサプライヤー。いつしか日本市場への華麗なデビューを期待したいところです。

(おわり)



posted by Mark at 16:25| Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

虹の国、南アフリカのオリーブオイル(2)


今回の出張で新しい言葉を覚えました。「T.I.A.」(ティー・アイ・エイ)。南ア人が自嘲して使う言葉です。何の略だか分かりますか。

<ザッツ「T.I.A.」(ティー・アイ・エイ)!>
That is Africa. 「それがアフリカ。」の頭文字。だから仕方がない!といったニュアンスの表現です。この言葉、今回の出張で何回聞いたかなー。

南アフリカの北東部、リンポポ州の州都ポロクワネに行った際は、空港に手配したはずの車がおらず、「TIA」。ヨハネスブルクのホテルのバウチャーが一日ずれていて、修正できるまで要した日数3日間。介在した人間おおよそ10名。ホント「TIA」。ボツワナで展示会場の中にキープしたはずのセミナールームが“がらんどう”で、プロジェクターはおろか、椅子も机も何もない。私のセミナーが1時間後に始まるのに。まあまあ焦らずに、「TIA」。ケープタウンの私が泊まっていたホテルに、南アオリーブ協会の幹部がサンプルを持って来てくれるっていうから待っていたのに、来たのは協会幹部でも何でもない一企業の営業担当。また「TIA」か。

IMG_0770.JPG
ボツワナの首都、ハボローネに向かう


とにかく、何もかも予定どおりにうまくいくって信じていたら、かなりイラっとくるのがアフリカだってことですね。現地在住の日本人は、常に確認を怠らず、おおらかな心で、また相手に期待することなしに、想定外のハプニングも自然と折り込んでいるようなふるまいをします。

IMG_0628.JPG
これはおいしくなかった。サファリバーガー


<レベルが高い南アのオリーブオイル>
ということで、クエスチョネア(質問票)も出していたのに、一番楽しみにしていた南アオリーブ協会幹部との面会は叶いませんでした。残念ながら、全体像は把握できませんでしたが、部分的にオリーブオイル産業の一端が見えてきました。

私を訪問してくれたのはWillow Creek Estate(ウィロー・クリーク・エステイト)という大手のオリーブオイルサプライヤーでした。

IMG_0640.JPG
ウィロー・クリーク・エステイトの営業マネージャー


このサプライヤーのDirectors’ Reserve 2009は、イタリアのL’ORCIOLO D'ORO AWARDS(金の壷賞)のIntensely Fruity categoryで優勝、Extra Virgin Olive Oil 2009はLos Angeles International Extra Virgin Olive Oil Competitionで金賞を受賞しています。

彼らの農園はNuy Valleyという、ケープタウン中心部からちょっと離れたところにあるため、営業がてら訪問してくれたとのことでした。日本のオリーブオイル市場の話を私から一通りして、彼に一例として「キヨエ」のホームページのコピーを見せると、「日本にオリーブオイルのウェブショップがあるのか。こんなにきれいなのか!」とそのコピーを持っていってしまいまいました。協会用に用意して持って行った「まるごとオリーブ」も彼にあげました。その後、「試飲してみてくれ」ということになりました。

IMG_0641.JPG
Willow Creekの"Extra Virgin Olive Oil 2009"


受賞した商品は、風味はマイルドで刈ったばかりの草や緑色野菜、その奥にバナナ、桃のようなフルーツのアロマが感じられ、味覚は松の実、アーモンドのようなナッツィー感、アーティチョーク、青いトマトの味を感じた後で、最後に喉越しでちょっと強めのペッパーの後味。複雑性・持続性があって想像以上に良質のオリーブオイルでした。この商品には、snap-and-squeezeのパックタイプの商品もあり、「試作品だけど」といいながら見せてくれました。箱には、オフィスでのランチに!ピクニックに!クルージングに!なんて書いてあります。

IMG_0642.JPG
パックタイプ。二つ折りするとエクストラ・バージンが出てくる!


私の話を聞いた後で、「(日本で注目されている)100ミリのボトルも対応可能、パックタイプの商品は既に特許取得済み。日本へぜひ輸出したい」と意気込みを語ってくれました。

このほかに彼との話で分かったのは、ビッグ3といえるのは、Willow Creek(ウィロー・クリーク)のほか、Morgenster Estate(モルゲンスター・エステート)、Tokara-The Olive Shed(トカラ)。後ろの2社はワイナリーと兼業ですが、兼業のサプライヤーは予想に反して「少ない」とのことでした。20%くらいのペースで生産が増えており、新しい苗も30万本もの数が植えられているので、将来的に無視できない生産国になる可能性を感じました。2007年で生産量はおよそ1,000トン。これが5年後にどのくらいになっているでしょうか。

IMG_0695.JPG
会員企業の商品には"SA Olive"というロゴが張ってあります


私が試飲したのは、ミッションとレッチーノのブレンド。南アでは、ミッション、レッチーノ、フラントイオ、コラティーナ、ファヴォローサなどが品種としてメジャーなようです。

TIAのおかげで、協会からサンプルが色々ともらえなかったため、ケープタウンからヨハネスブルクに帰った後で、「オリーブオイル専門店ないかなー」とウェブを見ていると、それらしいところを見付けました。駐在員に相談すると、彼が行ったことのないショッピング・センターに入っているらしいと。ヨハネスブルクの中心街から1時間弱のところです。

IMG_0762.JPG
こんな小さい飛行機にも乗りました


そこで、サンプルを入手すべく、週末に駐在員も行ったことにないショッピング・センターの専門店に行くことになりました。

(続く)
posted by Mark at 22:39| Comment(2) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

虹の国、南アフリカのオリーブオイル(1)


南アフリカとボツワナに出張する機会に恵まれました。せっかくなので、“未知のオリーブオイル”、南アフリカのオイルを仕事の合間に探すことにしました。

その前に、この国、W杯によって、日本人は今までの一生分を上回る、「南アフリカ」という言葉を見聞きし、南アフリカという国の認知度は驚くほどに向上しました。いわゆる“ニューワールド”のワインでは、米国やオーストラリア、チリに続いて南アワインは日本で一定の地位を確立しましたね。まずは、オリーブオイルの話の前に、私が10数年ぶりに訪れた印象と見聞きしたトピックを。

IMG_0669.JPG

ケープタウンのステレンボッシュ大学内の教会


<治安とエイズ蔓延対策が急務>
私が前回にこの国を訪れたのは、1996年。悪名高い「アパルトヘイト」が91年に廃止され、自由選挙でアフリカ系住民主体の政権ができてからまだ2年後。かつて先進国並みの町並みを誇っていたヨハネスブルクのダウンタウンから、企業や住居は一気に郊外に流れていきました。私が当時泊まった郊外のホテルですら、周りには失業者でブラブラしているアフリカ系のグループがたむろしており、歩いてふらふらしないようにと駐在員から釘をさされました(とはいっても、若い私は好奇心に駆られて散歩を試みましたが、その集団を突破できずに左に左に曲がってしまうため、ホテルがあるブロックを出られませんでした・・・)。

IMG_0602.JPG

マンデラさんはご存命ですが既に銅像が(ヨハネスブルクのサントン地区)



当時、私と同期の駐在員はまだ着任したばかりで、私がソウェト(アフリカ系住民の南西居住区のこと。アパルトヘイト政策で迫害されたアフリカ系住民の象徴の地)に行きたいとか、マンデラの家に行きたいとか、ダウンタウンの「トップ・オブ・ザ・ワールド」(旧カールトンホテルの展望台)に行きたいっていうわがままを嫌々聞いてくれました。ケープタウンでは、あるホテルの入り口に人が集まっていたため、「誰か来るの?」と聞いたところ、「大統領が来る」と。そのまま待っていたら1メートルもない至近距離でネルソン・マンデラ大統領を見ることができました。こんな話を南アの人々に話すと羨ましがられます。今や、マンデラ元大統領を見ることは滅多に叶わないそうです。

IMG_0605.JPG

マンデラ・スクエアのカフェでくつろぐ人々


10数年経って南アはどう変わったのか。オリーブオイルとともに私の関心の一つでありました。

まずは“治安”。あいかわらず世界で最も危険な国であるという不名誉なレッテルは貼られたまま。ヨハネスブルクは、バグダッド、カラカス(ベネズエラ)、ニューオーリンズとともに、世界で最も危険な都市でしょう。私はあるミッションを持って昨年、バグダッドに出張しました。そこではセキュリティ会社の傭兵が私を守ってくれました。一人は南ア出身の白人(いわゆるオランダ系のアフリカーンス)でした。彼に、世界で一番危ない都市はどこだと思う?って聞いたところ、間断なく彼は「ヨハネスブルク」と答えました。

それから“エイズの蔓延”。国民の5人に1人はHIV感染者です。80年代に、処女とコンドームなしで性交すれば完治するといった迷信が流行ったほか、21世紀に入ってからはメイル・レイプ(逆レイプ)事件が多発。それから、今回の出張で聞いた話では、成長する南ア経済を当て込んで、隣国のジンバブエから出稼ぎが流入し、そこに娼婦が介在して蔓延させてしまう現象。そして、これも経済成長の裏返しになりますが、陸路で国境を越える際にはへたをすれば1週間も留め置きになるそうです。長距離トラックの運転手が娼婦の誘いに乗り、その後蔓延させてしまう現象が問題になっているようです。

<美食家注目のグルメエリア>
ここまで陰の部分ばかり書いてしまいましたが、光のあたる部分も。ヨハネスブルクから飛行機で2時間、喜望峰で有名なウェスタン・ケープ州は、これから日本社会の高齢化が進む中で、長期滞在する観光地としてかなりの可能性があるでしょう。治安も問題がありません。ワイン・ランド(注)の風景は世界でも有数の息を呑む美しさ。欧州とアフリカが融合した非日常が存在する夢の地です。

IMG_0619.JPG

上空からケープタウンを見る


地中海性気候のため空気は乾燥して澄んでおり、日本人にはとても快適。独特のテロワールから生み出されるワインはおいしく非常に安価です。レストラン、ロッジ、ショップが一体になったワイナリーがあちらこちらに散在しています。出発前に調べたところ、ウェスタン・ケープへのツアーはまだ少なく、しかもそこそこのところに泊まって100〜120万円が相場のようですが、お金と時間を持った団塊の世代をターゲットとしたビジネスは十分に成立するでしょう。

IMG_0627.JPG

快晴・乾燥・快適


(注)ワイナリーが集中する、西ケープ州のステレンボッシュ、パール、フランシュフック、サマーセット・ウェスト、ウェリントンの5地域を総称して「ワイン・ランド」と呼びます。

IMG_0663.JPG


毎年、イギリスのレストラン専門誌『レストランマガジン』が、「世界のベストレストラン50」(http://www.theworlds50best.com/)を発表しているのをご存知でしょうか。ミネラルウォーターでおなじみ、イタリアのサンペレグリノ社が後援するこのランキングは、有名シェフや評論家、ジャーナリストらアカデミーメンバー約800人が選ぶランキングです。ミシュランの星の数、あるいはそれ以上に、世界中のシェフたちの憧れになっていると聞きます。ここに、南アフリカのレストランは日本、オランダ、スウェーデンらと並んで2店がランクイン。コンスタンシア地区の「ラ・コロンブ」は12位と、ニューヨークのLe Bernardin(ル・ベルナルダン)や、日本でも最近復活したPierre Gagnaire(ピエール・ガニェール)を上回る活躍。 31位にもフランシュフック地区の「ル・カルティエ・フランセ」がランクイン。ウェスタン・ケープ州は、美食家も注目する一大グルメエリアであるとともに、欧米セレブのリゾートでもあるのです。今回、ケープタウンに逗留するということで、ラ・コロンブに予約を試みましたが、運悪く改装中(涙)。

http://www.theworlds50best.com/

12位 La Colombe(ラ・コロンブ)(前年比26ポイントアップ)
31位 Le Quartier Francais(ル・カルティエ・フランセ)(前年比6ポイントアップ)

次回は私が南アで出会ったオリーブオイルについて書きたいと思います。

(続く)

posted by Mark at 21:21| Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

Family Reserve〜早摘みオリーブオイル

20100812.jpg

今日紹介するオイル、昨日のオイルと同じ形の瓶に入っています。
昨日のオイルは『10月15日限定』の初摘みオイルでしたが、今回のこれはそれ以降の、といってもこれも「早摘み」のオイルとなります。

早摘み(緑果)の特徴のよく出ているオイルで、香りは強くとてもフルーティですが味は若々しくて強いです。

このオイルだけを試食したら、とても優れたオイルだということを感じることができます。
でも食べ比べてみると人気は昨日紹介した『10月15日限定』のほうが上位でした。
この違いはまず香りの強さかなと思います。こちらの方が若干弱い。
そして味もこのオイルの方がちょっとだけマイルドです。

このことからオリーブが生きているもの、収穫・搾油日で風味が変わってくるものなんだなーということが解ります。
とてもいい勉強になりました。

マイルドなオイルの方が好きな人も多いと思います。
そんな人が多い場だったら、こっちの方が上位だったかな?
それとも・・・みんな『限定』って言葉に弱かった?

さて。
このオイルはどんなお料理に合わせましょうか。
フルーティな香りを生かして、焼き魚に合わせたらどうかな?と思いました。
また、ドレッシングをつくってもおいしそう。
この香りを楽しみたいですね。


※輸入者 オリーブプラン株式会社
posted by やぎ at 18:31| Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

First Day of Harvest〜初摘みオリーブオイル

20100811.jpg

先月、おおつきさんが小豆島を訪れたときに持ってきて下さったオリーブオイルを紹介します。

今回はその中で一番人気だったこのオイル。
みんな勝手に『10月15日』と呼んでいました。
その理由は、このオイルが収穫初日『10月15日』に摘まれたオリーブだけを使い、収穫後4時間以内に搾ったオリーブオイルだからです。

品種は『ピクアル』で、ノンブレンド。単一品種のオイルも実はちょっと珍しいのです。

ちなみに、同じデザインのボトルで『アルベキーナ』のノンブレンドオイルもあります。
こちらはあのDEAN & DELUCAで販売しているようです。
こちらもいつか味わってみたいです。

で、話しはもどってこのオイル。
とにかく香りが強い!そして若々しい苦味、辛味がありとにかく力強いのです。
スペインのオイルはマイルドなイメージがありましたが、これは全く違います。
早摘みの良さがぎゅぎゅっとこの瓶に詰まってる。

この個性的なボトルについてはボトルのラベルに書いてあります。
「瓶のデザインはスペイン王妃をはじめ多くのファンを持つ宝石デザイナー、ホアキン・ベラオ氏が鮮やかなエメラルド色と香りに魅せられデザインしました。」

201008111.jpg

オイルの色はわかりにくい画像で申し訳ないのですが、かなり濃く緑が強いです。

このオイルは、どんなお料理に合わせましょう。
風味を生かしてお刺身に合いそうですが、白身や貝のお刺身ではオイルに負けてしまうかもしれません。
そこで、私は冷たいお素麺に合わせてみました。
おおつきさんに教えていただいたのですが、冷たい普通のお素麺のつけ汁(普通にカツオと昆布出汁)にこのオイルを垂らします。
これだけで、とっても風味のある美味しい薬味になりました。
わさびや生姜もおいしいのですが、お素麺にオリーブオイルは我が家の定番になりそうです。


※輸入者 オリーブプラン株式会社
posted by やぎ at 16:09| Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。