ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2010年07月27日

どれが好み?

20100726oil.jpg.jpg

今日は、食事会を兼ねたオリーブオイルのテイスティングの日。
用意してもらったオリーブオイルはスペインとイタリアのもの合計 7種類。
お店のご厚意で、オリーブオイルの持ち込みのお許しをいただいていたので
出していただいたお料理にあれこれオイルをかけてみました。

カルパッチョ風のお刺身には、ピクアルのオイルを。
お寿司には、アルベキーナのオイルを。
お肉には、トスカーナのピリッとした風味のもの。
しんじょ風の和風の煮物には、ローマ法王御用達のオイル。
という感じで、それぞれ好みのオイルで試してみました。

個人個人でやっぱり好みが分かれましたが
気にいった人が多かったのは、赤いボトルのもの。
去年の10月15日に収穫して、2時間以内に搾ったものだそうです。

ちなみに、ボトルから出してあまったオイルは
もったいなくて、持ち帰りました (^^ゞ
あ〜ごちそうさまでした。


posted by はすいけ at 01:31| Comment(3) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

悩み!


ソムリエの資格をいただいてから1ヵ月…。色々なところで話題にしたり、たずねられたりすることが増えました。私たちはオリーブオイルの普及のために“伝道師”にならなければいけませんよね。

で、たいてい尋ねられるのが「オリーブオイルってなんで身体にいいの?」っていう究極の問い。あれだけ勉強したのに、食用油脂学の本まで買って勉強したのに、一言でズバっと説明できない…。

藤原紀香で有名になった「キヨエ」なんかのゆるーいトピックを盛り込みながら、オリーブオイルの魅力を2分で説明できるようになりたい!和食とのマリアージュなんかも混じえて!

みなさんは「魅力」を伝えられていますか。

日々是勉強ですね。

チリ出展者の商談.jpg

(写真はFOODEXで出展を支援したチリのオリーブオイルサプライヤー。大地震を日本へ向かうトランジットの時に知りましたが、ちゃんと来てくれました。)
posted by Mark at 23:04| Comment(2) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

小さいオイル。

20100627.jpg
写真のオイルは、小豆島産オリーブ100%のエキストラバージンオリーブオイルです。
品種はミッション・ルッカ・マンザニロ等、小豆島主要品種のミックスです。

小豆島はオリーブの産地として有名です。
大規模な農場(といってもスペインやイタリアのそれと比べたらとっても小規模ですが)もあり、首都圏の新聞広告などでお馴染のものもありますね。

そんな大手とは別に、家族単位の小さな生産農家も実は沢山存在しています。

このオイルはそんな小さな農園のオイルです。

家族だけでオリーブを育て、手でひとつづつ摘み取り、
搾油施設はありませんので大手農園等へ持っていき搾ってもらいます。
生産される本数も200mlが300〜500本ほどと少なく、そしてそのほとんどは常連さんと口コミであっと言う間になくなってしまうのです。

小豆島に住んでいる者でも、ぼ〜っとしていたら買いそびれてしまいます。
いや、その存在すら知らない人の方が多いかも知れません。

まだ開栓していないのですが、近々いただく予定です。
食レポはまた次回!


posted by やぎ at 19:29| Comment(4) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。