ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2011年12月11日

大馬鹿かぼちゃの前途。



桃栗3年 柿8年、梅はすいすい13年、柚子の大馬鹿18年、ミカンのマヌケは20年。
りんごニコニコ25年、女房の不作は60年、亭主の不作はこれ一生、あーこりゃこりゃ。
と、かような律動で人生教訓を学び現在に至る。
そんなわたくしは果物には目が無い、中でも晩白柚は大の好物だ。

折しも、そのバンペイユをデフォルメしたかのような図体の農産物を頂戴した。
この年の瀬にうれしいではないか。
かまちにゴロゴロと並ぶ様は、パラオは謎の巨石・ストーンモノリスだ。

019.jpg
銀杏や豆、これらは某ギャラリーの年賀を飾る。


してその正体は「アトランティックジャイアント」という牛の飼料として導入されたカボチャの仲間なのだそうだ。
その種子に含まれるでんぷんやグリコーゲンの多糖体は家畜牛の免疫機能及び、抗病性の改善に役立つとの事。
そもそもかぼちゃはビタミンAやベーターカロチンの多い緑黄野菜であるし家畜牛もわれらと同じ生命体だ。
機能改善に貢献ならばこちらもご相伴に預かりたいものだと食指が動いたが、
うまくない『飾り物だよ』とおとなりさんに釘を打たれた。

しかし、日ごろの食卓でお世話になる牛さんの食む作物である。
食を共するのも鎮魂だ。
それに何はともあれ珍品というところがカボチャならぬウリである、など発奮するもここで問題が生じた。
それは重さが10キロ以上もある石部金吉をどう扱えばよいか、である。
家庭の菜切り包丁では歯が立たないのは一目瞭然。
とはいえ大ナタを振るうのは橋下大阪新市長だけで充分であろうと思われる。

ところで、生食できる南瓜とくれば黄色を呈した上品な顔のサラダかぼちゃ「コリンキー」だが、
故地のときたら何とも意表を突くメガデカの上に迷彩柄着用だ。
自然の画筆はいったい何を訴えているのか、を考えさせられながら最も小ぶりの物を選び縁側にて包丁を立ててみる。
見た目や噂で物事を判断してはならない、というのが乳母からの教えだったが、バカ味確定の上での実行だ。

さて、そうこうしていると村のガキが数人、歩み寄って来た。
そして小僧の1人が切り分けられたオレンジ色の果肉に視線を向けながら、仲間内にこう叫んだのだった。
「見てみぃ、馬鹿カボチャがおるぜ」。
キミ、たしかに「かぼちゃの切断面画像を消去したバカ者」はここに居るが、
南瓜には謙譲語の「おる」は用いないのだよ、と年甲斐もなく切れたわたくしである。

で、肝心の食感だがシャキシャキとした歯ごたえと口中を洗い流すような爽快なノド越しは、なかなか、結構なお味ではないか。
例えるならば瓜と胡瓜と西瓜と南瓜、と漢字で韻を踏んだ味わいだ。
こだわりの塩を振るとますますイケるぞ。
実はこの塩、フィリピンはパンガシバシナンの天日物。
甘みが際立つので毎年、オリーブピクルスに使用している。
屋号を「安塚の塩」という。
この塩を使うことで現地の子どもたちの就学を応援している言わば国際交流塩である。

次はオリーブオイルの出番だ。
フルーティーでやさしい味のオイルを試すとあっさりとした食味の中にも生かぼちゃならではの甘みが突出してくる。
一方、苦々しいオイルとも相性が良いらしく噛みしめるたびに、果肉に含まれる余計な水分が凝縮されて旨味が引き立ってくる。
結果、アトランティクジャイアントは透明感のある味で不味くはない。
世間であれこれ取りざたされる事は、つまり風評は当てにはならないということだ。
ただ、味にちとばかしおもしろみの欠ける漠然さを持っているのだ。
そこを補うのが素材の隠れた味を軽妙洒脱に引き出してくれるオリーブオイルということなのだろう。


と、それからしばらくこのかぼちゃが何故にこんなにデカいのかと首をかしげていて、
「意思」を持っているのだということに気がついた。
つまり、人間に食べられてはなるまいと必死となり、それが一般の通念とは違う観点から、
かぼちゃが別物としての概念を覚え生き残りを図ろうとしているのだ、という見地にたどりついた次第だ。
そこでお隣さんに、当オブジェ論を展開したところ、それ以降、ちっとも姿を見せなくなった。
宇宙人に連れて行かれたのであろうか。

しかたがないので福岡は中央区天神で和紙屋を営む友人に、この想念をカボチャごと託すことにした。
天神と言えばオリーブオイルの店アビーロ福岡だぞ。
かのアビーロから北へ数分に位置する天神3丁目のGSタカハシビル。
その1階で和紙産土の「のろし」を上げるのが「ペーパーロード」だ。
当ギャラリーはインテリアに適した和紙を中心に、海外の手漉き紙など約800点にも及ぶ紙を収集する、
言わば日常生活を和紙で潤わさせるがための大人の知的空間なのだ。

今年も残りわずか、その来たる12日(月)・正月用しめ縄の展示販売が始まる。
ペーパーロードのしめ縄および、正月年賀に気を利かせる小物用品は、
一般既成のそれとは大いに異なり当店、店主の鼻息と気合い満載の個性派揃いにて売り切れ御免である。
物見遊山も大いにけっこう、目のお正月になること請け合いだ。

余談だが大馬鹿かぼちゃにお気づきの際は、ひとさすりしていただくと福を招き、
ふたさすりでおめでたを授かるやもしれないのである。



posted by イイジオリーブ at 00:16| Comment(0) | 和紙の店・ペーパーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

「樹木の味方」はオリーブの木の味方


クリスマス月と対峙する最後の日とあって、さすがにその姿は皆無と意気込んでいた。
それだけにオリーブの木の天敵、オリーブアナアキゾウムシの
ゆるいポールダンスを目にした時の衝撃は大きくたいへんムカついている次第である。

このところ小春日和つづきだ。
そのためだろう、オリーブの木と昵懇の間柄となっているオリーブアナアキゾウムシの姿は、
ここかしこさだめなく多い日には捕獲する者、20数匹をくだらない。


019.jpg
気温23度。冷やっこいモノが欲しくなり冷凍していたブルーベリーを寒天でまとめてみたが、
腕にセンスがないためにマグロの角切りに擬態してしまった。


中には目を細め恍惚として交尾する思慮分別の欠如した輩もいる。
これは自分の子孫を次代に繋げていくための一つの作業であろうが御両人、うっはっは、おっとそこまで。
ハテ、昆虫がうっとりと遠いまなざしをするかであるが「一寸の虫にも五分の魂」、「なめくじにも角」。
虫たちにもこころがあり、それぞれ主義主張があるに違いないというイマジネーションとイリュージョンの世界を往来すれば、
田舎住まいもこころなしかほっかりと灯りがともるのであった。


005.jpg
美食家ではないので気の向くままの放浪料理。オリーブは無農薬・無肥料ゆえ、とっさにこんなことも可能。


して、オリーブアナアキゾウムシや、たしかにモスラ似の見るからに蜂の子のようでうまそうな幼虫は、申し訳ないが大量補殺した。
それは今後のオリーブの成長に功を奏するのだが初冬という言葉の響きに、
つい油断をしてか帽子も被らずUVーA波に肌をさらしていたことに、
辺りが黄昏てからあわてたのだった。


031.jpg
オリーブ葉の味わいは充分あるが豪快過ぎて食べづらいとの声があがる。


ところで、みなさんはUVーA波をご存じか。
わたくしは識っている。
それは肌に影響を与える紫外線のことであり、これには当波とUVーB波の2種類があるということを。
そして、とくにシワ・たるみの原因となるUVーA波は1年を通してB波よりも比較的量が多くより肌の奥に浸透して皮膚弾力を低下させるということも。
雲や窓ガラスも透過する紫外線は、冬の曇った日も室内も侮れないのだ。
ましてや当方の美肌、やわ肌。
つまり、本日の捕獲作業により自分のシワ・たるみなどの光老化の進行をより一層、早めてしまったのである。

と、ここで自分のかわいさあまり、重要な事を忘れていることに気がついた。
それはこの世におちてウン十年、当方の丸出しの肌より何十倍も繊細な肌を持つオリーブオイルと同居していることであった。
時は今、新オイルのお目見え時期。
酸化を防ぐ温度管理は無論のこと、紫外線にはとくと注意を促したい。



20111112100102.jpg
おとなりさんの畑をながめていたらモノ欲しそうに見えたのだろうか。つる首かぼちゃをいただいた。地域交流のシンボルともいえる。


さて、その目もあてられない肌問題はさることながら、オリーブアナアキゾウムシやテッポウムシの幼虫が喰い込んだオリーブの行く末はもっと深刻で重大なのだ。
そこで、かの被害を被ったオリーブの木に、
うれしい援護射撃をしてくれるのが人口樹皮の役目で庭木を守る園芸専用保護剤の「樹木の味方」である。

実は遡ること9月某日。
世界で初めて無肥料、無農薬でリンゴの栽培を成功させた「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんの講演が大分県は湯布院で開催された。
氏のご高名はかねがね聞き及んでいたし著書はご実直ぶりが如実である。
いつの日かお目にかかりたいという願いが実現したために、
お話にのめり込み気がつくとすでに終盤にさしかかっているではないか。
そんな中、情報収集したもののひとつがワサビ抽出液で作られたかの「樹木の味方」だったのだ。

例えば害虫による樹木の枯死被害部分をきれいに削り取った後や剪定後、樹肌の乾燥が進まぬうちに、この「樹木の味方」を覆いかぶせるようにハケで塗布すると病気の進入を防ぐと共に、新しい樹皮の形成を促すのである。


041.jpg
ひとつが2kgもある。太陽光の下でビタミンカラーを披露してみた。


自然栽培ゆえ、と言えば聞こえは良いが、
これまではロハが賜物の庭で勝手に育つヨモギやドクダミの煮汁の塗布が当方の防虫と樹皮形成作業であった。
セコいのまん中。
しかし、「樹木の味方」が同志となってからは、その効能はもとより薬剤ではないという安堵感に少しの出費も痛くない。
人も樹木も肌を少し思いやるには、やはり妙齢の銭子さんの存在が必要なのだと思った。
posted by イイジオリーブ at 22:58| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

11月つれづれなるまま


唐突に秋。
かと思えばすでに仕舞い込んだTシャツを再登場させるなど今年の気象は、
明らかに人を食っていた。
しかし、ようやく初冬の趣だ。
その宵のうちをタジキスタン戦で白熱を帯びた一昨日。
そして数日後に控える北朝鮮戦。
なんだか、かの北朝鮮戦を言葉にして発すれば末尾は、せんせん、と思わず舌がもつれそうになる。

この症状は我が国の渡航サポーター数の問題や日の丸・横断・鳴り物などの持ち込み禁止に比較し、
相手国社会状況や会場・北サポーター陣の立錐の余地もない状態を、
試合の不安材料として当方の脳が察知、反応しているためであろうと考えられる。

先だってのザック監督は、選手たちにフィジカル面、メンタル面、タクティス面、技術面のどれも怠らないように指導すると語っておいでだった。
さりとて監督自身の責務と緊張感やいかばかりか。

わたくしは当日の、観戦はさることながら監督の面と頭皮の緊張にこわばる表情を、
氏の奥さまになり代わり見守らせていただくミッションを自分に課せているために、
胸中、穏やかならずこちらの抜け毛も消耗が激しい。
そのため、育毛効果ありのエキストラバージンオリーブオイルを頭皮に磨りこんだ。
ええい、かくなる上は試合結果も脱毛効果も神のみぞ知るだ。

さてサッカーの話はさて置き、先月はオリーブマンザニロ種の渋抜きを、
今はミッション種にとりかかること5日目を経てまもなく終盤となる。
オリーブの塩漬け作業は先ず、オリーブの実自身のアイディンティティを重視するところがスタートラインだと思う。
オリーブの実にそんなものがあるのかと問われる御仁もおられようが、
命あるものすべてにそれは存在するものだ。
それは先ず、自分自身がオリーブの実の気持ちになることがオリーブ渋抜きのビバ!登竜門である。

では、いかようにすれば感情移入できるのかといえば、
それは精神の自然との融合と研ぎ澄ましとでも言おうか、
例えば、自分がオリーブの実となり苛性ソーダ溶液よろしく
世間という利害関係の満水に浸かっている様子を思いめぐらす。
そこで自己気質の灰汁を完全に出すのか出せるのか、どの程度、抽出するかされるのか。
個性尊重派としては、少ない経験と模索というこの辺りのせめぎ合いがこの道の妙味と思っている。

やれ、やれ、深夜帯の脈絡は自分の肌同様に入り乱れ、
これより進めては文脈をこじらせるばかりだ。
とりあえず、朝陽を待とう。
posted by イイジオリーブ at 01:58| Comment(0) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

玉羊羹のごとしオリーブ・マンザニロ


晩秋の気配にこれからをおもんばかるオリーブ・マンザニロさん。
20111018151408.jpg

ぷるぷるっとした艶やかな張りは、まるでゴム風船に包まれた玉嶋屋の玉羊羹。
可愛さあまり楊枝で突きたくなる衝動にかられるも玉の肌にシワが寄りそうで恐い。
画像は、かような自分化に端を発し今年も収穫を免れているオリーブ・マンザニロさんだ。

ところが或る日、その樹形体が目に見えて乱れていると思いきや、実がついているはずの位置にその存在がない。
そこで、おもむろに視線を落とすと地面に、いくつものオリーブが圧ししゃげられた形状で散乱しているではないか。
それはあたかも水分含有量が減り皮膚の真皮層からコラーゲンが減少しまくった肌のような不気味さ。そりゃ、まずかろうというもんだ。
この混沌とした気持ちをいかなる文言で表せばよいのやら、表現不能である。
して、そのこころ模様に気圧されながらもオリーブとわたくしの関係は、
濃密かつ凝縮しオリーブに対しての自分感が一層、強くなっていったのは明確だ。

さて、話は変わり医療技術の進歩と共にペツトの世界も高齢化社会。
飼い主も介護に追われることの多くなってきた昨今だ。
拙宅も15歳なる老犬が日夜、お楽しみ事を提供してくれて目下、愛犬長生きサポート術を満喫しているところである。

中でも朝な夕なの足腰強化運動は欠かせぬ日課だ。
雨が降ろうが槍が降ろうがそんなこたぁ関係ないよ、、という犬からの暗黙のメッセージが要介護の醍醐味と言っても過言ではない。
とはいっても高齢犬であるので必要運動量は自由きままな一人遊び。
その後は称呼、就寝となるのがお決まりだが、足元に近寄る愛犬の口もとを見て、おやっ?とおどろいた。
なにやら濃いムラサキ色の果汁が毛並みに添って染みついている。
しかもオリーブの皮らしきものが口角に貼りついているのだった。

確かにうちの犬は果物が大好物だ。
庭先のクワの実が熟す頃ともなると主幹になりかかりながらデザートと洒落こんでいるし、
完熟いちじくや桃にブルーベリーなど甘い果実には目が無いときている。

014 (3).jpg
 クワの実の蜂蜜漬けは滋養深い。

されどオリーブの実はご周知のとおり渋い、口を絞る、ひょっとこになる、が大原則。
塩漬けのための渋抜きだとて七日間を要するのだ。
うちの犬が老体とはいえオリーブポリフェノール100%の実態を、
まだまだ動物的嗅覚でもって察知できるはずだ。

などと言い切ったが世間では、空飛ぶ円盤に乗ったご仁もおられることであるし
基本を無視した事例が起きてもなんの不思議はないだろう。
そこで真相を探るべく犬の動向を隠密作戦で張っていたところ、
うちの犬がタダ者でない実証を掴んだ。

それはオリーブの実を引きちぎりカミカミした口の中の種を、吐き捨てる図であった。
なんと、山形のさくらんぼの種飛ばしならぬオリーブ種飛ばし。
いや、いや、無宿渡世の日々を克己的に生きる木枯らし紋次郎のくわえた長楊枝だ。ヒュッ
ここは三日月村か。
喩と形容に乏しいが、要するにオリーブの実をいたずらに収穫していたのは、
うちの犬だったという事実である。

なんということだ。
飼い主のやり場のない憤りを察したのか犬本人は、
さっさと踵を返して我が小屋へ自主退去。
この機転の利かせ方は本犬15年の歩みに裏打ちされたものに違いない。
ウ〜ム、犬とて伊達には歳をとっていないのだなぁ、などと感心していたら数日後、
マンザニロさんは色鮮やかなキミドリ蛍光色のハマキムシくんたちの餌食になってしまい
何かを示唆するかのように妙齢の肌を失ってしまった。

玉羊羹は姿を消してオリーブの自然栽培も犬の指導も今は五里霧中。
今はなんだか投げやりな気分になって来ている。










posted by イイジオリーブ at 01:18| Comment(0) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

 第21回 オリーブ収穫祭がはじまったよ


ぽつねんとどこかの大草原に身を置く。
月にむら雲。
そこで何を考えるのかというと大海原の方が劇画タッチだったかな・・・とか。
秋の風が濃くなると旅ごころをかきたてられてくるのである。

折しも、小豆島オリーブ公園で始まった『オリーブ収穫祭』は11月30日まで賑わう、との情報が目に飛び込んで来た。
なんと、脚色したようなこのタイミングの良さ。
201010246.jpg


小豆島といえば温暖な瀬戸内海に位置するオリーブ栽培発祥の地。
正真正銘、国産優良オリーブオイルの殿堂の島だ。
ちょうどこの時季、ヒスイやルビー色を醸した宝石のようなオリーブの実もたわわに、
しだれた枝を披露している頃だろう。
201011063.jpg


収穫祭は年に一度のフェスティバル。
開催中はマイオリーブ作りや、オリーブ石鹸教室などの体験イベントが目白押しなんだそうな。
島ではオリーブ公園に拘わらず各オリーブ農園や、旅の宿でも観光客を迎える所作は万端だ。
201010240.jpg

201010241.jpg


さて、観光地の「二十四の瞳映画村」へ向かう道中、モノトーンの風景に差しかかる。
そこが醤油の香りにいだかれる醤の郷(ひしおのさと)だ。

むか〜し、昔のこと。
「醤油の香りだけで何杯のご飯を食せるか」を掲題に、ご当地で仲間と試したことがある。
友人1名が挑み残る数名は写真と取材班。
自分はその構図を傘で隠す役目を仰せつかった。
いえ、ほんと、
挑戦したのはわたしではない。
やだ、ほんとうなんだってば。

当時はレトルトご飯の出始めで今のように安価ではなかったし、
当の白飯といえば今風な作りたての味わいなど皆無。
しかし、友人は勇敢にも挑んだ。
出だしは好調。
時々、そこら辺りに浮遊するもろみの芳ばしい香気成分の空気を、鼻を膨らませながら吸い込み白メシをかっ込む。
何度かその行為を繰り返し3パック目を完食という時だったか、いきなり箸を休め、
大きく宙を見上げた友人は、いきなり!ツクダニィ〜、ツクダニください〜い!!と大声で佃煮を所望して陥落。

結果、ご飯にオカズの大原則を跳ね飛ばし醤の郷の空気だけでワンパック200gX3p=600gをたいらげる。
見上げたものだと友人を褒め称えた。
.うわぁ、すごかぁ、醤油の香りだけでくさ、こげん食べるっちゃもん!
.ようやった、さすがは九州の女やね。
辺りはそこらじゅうが博多弁だ。
たいしたもんやねぇって、こんなこと何がたいしたもんだか

無意味な実行力、阿保らしい体験。
でも、そんなことは問題ではない。
大切なのはその時、答を求めて挑むというやる気を興したということだ。
それは波動でありそのエネルギーは生きて行く上で充分に必要なものだと思う。

あっ、話は醤の里だった。
そう、小豆島はオリーブと併せて一大醤油生産地なのだ。
古来、島は塩作りの名産地だったと聞く。
近くに大豆を耕作する讃岐平野を仰ぎ見る島には、醤油はごく自然に派生した加工品なのだろう。
とはいえ、その道のりを垣間見ると激動の時代に翻弄されながらもたゆまぬ努力で
紡いできた醤油作りへの信念がうかがい知られる。
友人の武勇伝とて、
醤油作りの誇りと芳ばしい香りとが相まって日本人の持つ食指を動かしたのだと思う。

オリーブと醤油。
いずれも島の歴史と表現しても過言ではない2つの調味料が今、
和合しその奥義を伝授せんと数名のソムリエが活躍する。
それは生まれ育った小豆島を、さらに奮い立たせようと鼓舞するかのようだ。
きっと島には美しい静けさと強い志があるに違いない。
さぁて、これは気になる。
みんなぁ!ネットで検索、小豆島に渡ろうよ!




posted by イイジオリーブ at 15:31| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。