ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2013年11月30日

アバンギャルドな腕前


ふつう、料理が出来ないなどとこぼすと、
アラ、まぁ、ご謙遜なさって、とのお愛想言葉がかえってくるものだ。
ところが、単に自分を下げているワケではなく
技術欠落の集約された真の腕だと知れ渡ると気の毒そうな表情で
目をそらすのが料理上手な面々の不文律かもしれない。

時はリンゴの旬。
そこで紅玉で作るリンゴクランブルは、
アバンギャルドな腕を持つ自分には持って来いのお菓子なのだ。
リンゴは天然美味の食材ゆえ味付けの必要性はほぼ皆無。
しかもこの他に要する材料といえばバターや小麦粉に砂糖。
わが家にある物ばかりじゃないか。
さらにちょっと気張ってコーンフレークやアーモンドなどの
カラッカラのキャラクターに助っ人として加わわってもらえば
うまさ倍増は確約されたもの同然だ。

出来上がりの見てくれに多少の難儀があったとしても、
あはは、なにしろクランブルですけんねぇ、
と、浮かれまくってごまかしができるというもの。
あとはマキネットがひとりで抽出してくれる
エスプレッソを供せばちょっとしたカフェ気分だ。
かようなマルチカバーのおかげでリンゴのクランブルは、
味の優良や完成度がきわめて高く
唯一、自分で焼くことのできる最強のデザートなのだ。

最強とくればもうひとつ。
腕前の善し悪しとは別世界でピカッと光る鋳物鍋の料理。
わたくしの信条のひとつに「捨てません食べまする」というのがある。
まだまだ有効利用できるのにやおら捨ててしまう柑橘類の皮を、
この鋳物の鍋にガバガバ入れて火にかけると、
ほうらほらね、ジャムやらマーマレードやらに生まれ変わっている算段だ。

で、おとどし、山のように作ったものの料理上手のご仁から、
いまいち不味いとのお沙汰がくだっていたマーマレードに、
この度、2年の時間を経て鋳物鍋で煮豚を作りましょう、
とのご指導で光明が差したのだった。
ばんざい。

ところで世間で鋳物鍋とくればストウブ、
はたまたカラフルで人気のル・クルーゼといったところだろうが、
うちのときたらまっ黒にゴツゴツと重々しく見るからに胡散臭いおっさんだ。
それもいつ頃、どこからやって来てうちに住み着いたのかなど
身元不詳の鋳物鍋だが普段は好物の焼き芋に重宝している。
友人たちと食卓を囲む時は、
とろとろのオリーブオイルに魚介類を泳がせるアヒージョの鍋に。
パンやケーキも焼けるが腕がない。

さて鋳物鍋に各同分量のマーマレードとワインと醤油を入れ
そこへ静かに豚肉の塊りを沈め煮立たせること10数分。
後はそのまま冷ますだけ。
たったこれだけで誰も手をつけなかった大量の
マーマレードに命が吹き込まれたのだ。
なんちゅう偉大なことでしょう。
煮豚も肉汁をいっぱい含んで今にもブーだ。
師匠がオプションで入れてくれたひよこ豆もほろほろとしてて、うまいなぁ。

ウエブを見ると鋳物鍋でつくる煮豚は、
数多く紹介されておりいろんな煮豚でワイン三昧だった当月。
おや、おや、明日から師走じゃないかい。
想えばこんなことを昨年も書いていたような気がするなぁ。




posted by イイジオリーブ at 17:49| Comment(0) | ストウブならぬ鋳物鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

フェイジョアとオリーブ


早くも11月の入り口。
山からの冷たい空気がそろりそろそろと下ってくる夕刻、
一組のオリーブアナアキゾウムシさんがオリーブの木ではなく何故か、
フェイジョアの枝で事におよんでおられた。

この数か月はゾウムシ君の取り締まり強化月間だ。
そこで先方は逢瀬の場所としてオリーブではなく
捜査官の目をくらますために、
グァバの仲間であるフェイジョアの木を選んだのだろうと思われる。
これぞゾウムシ君の知恵袋。
昆虫ながらこじゃれた真似をするものだ。

ところで合わさったゾウムシのオスとメスは一体、
いつごろどのようにして離れるのだろうか。
そんな疑問がふと湧いてきたので、
周りがたそがれるまで見入っていたが、
いよいよ暗闇が迫り来て目の悪いわたくしには、
それから先の動向と実体がつかめなくなってしまった。

それに近ごろ目がゴロゴロするので、
先ほどそのことを友人に携帯したらバジルの種を目に入れて洗ってごらんよ、
と言い出して即、自分ちで採取した種を一袋、持参してくれた。
昔、バジルをメボウキと呼んだのはこういうことらしい。
ユーモアーとはいえ、なんて恐ろしい人なのだ。
バジルの種はネ、メイプルシロップでゼリー状になったところを、
いっき飲みするのがいちばんに決まっているのだ。

さてそのフェイジョアの木。
果実は食物繊維やビタミン、ポリフェノールなどの栄養価があり
健康にとても良い上に常緑樹なので垣根に用いている。

果実はキウイやバナナと同じく追熟といって、
ちょっとお世話をしてあげなければ食べられないのだそうな。
熟すとパイナップルの香りがするらしい、
と教わるとますます待ち遠しいフェイジョアの実。
うれしいのはメラニン色素の生成を防ぐなど美肌効果の他、
免疫力を高め、抗がん作用があるとのことで
オリーブオイルの効能と併せてこわれた肌の再生を促したいものだ。

と、そんな夢をたくしているフェイジョアは、
オリーブとおなじく異品種との受粉がなされないと
果実は望めないらしいと聞いて愕然だ。
待てど暮らせど、我ながら知らないのにもほどがある。


posted by イイジオリーブ at 22:44| Comment(0) | フエイジョア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

まんまるオリーブマンザニロ。


まんまるオリーブマンザニロ〜と、ゴロ合わせの良いマンザニロの実が色づいて、
初秋の風にのんびりとゆれる光景は、いま我が家で一番の見どころとなっている。

ところで「見る」といえば、
むかし、経済学の先生にフリーライドいう言葉を教えていただいたことがある。
その時の言葉をお借りすれば、
たとえば町内で花見をしようとして、
桜の木を植えるために募金活動をしたとする。
ところが町民の名に花は見ないからとの理由で募金に応じない人がいた。
やがて桜が咲きだし町内で花祭りが催される中、
募金を拒否した人はその見事なさくらの花に感心しながらかくれて鑑賞している。
そのこっそり屋さんがフリーライダーなのだそうだ。

当時、ライダーと聞くと気合いで走行する映画「イージーライダー」か、
必殺技が真髄の仮面ライダーの世界観しか持たないわたくしだったので、
フリーライダーがバイクにまたがる自由人のことではなく、
人さまの成果にただ乗りすることだと知って
ライダーの仕事人としての幅の広さにドシェーであった。
そして真面目に働いている人が馬鹿を見るのだな、
と憤慨しつつも自分のこころの中にだって、
こっそり屋が潜んでいる事は否めないぞ、と気づいたりしたものだ。

さて「見る」つながりは、
先だって発狂寸前だった収穫前のマンザニロ地面に散乱す、の図である。
犯人は誰か。
近くのワンパク君らがわたくしに述べるには、
「おばちゃんところの犬が喰った」であった。
たしかにうちの犬は一時期、オリーブの実を食すとして町内でその名を馳せたものだ。
しかしいま、その適用なし。
そもそもワンパク君たちの会話にはミスがある。
将来のために訓示を垂れておくと妙齢の女子を向こうに開口一番、
おばちゃん呼びをしていたのでは有望な社会生活は望めないよ。

次なるあやまちは、件の「犬が喰った」であろう。
これは致命傷やったね。
なぜならば我が愛犬は高齢おめでとう賞を頂戴したほどの老齢犬なんだよ。
寄る年波には勝てぬ脚腰。
ビロウな話で恐縮だが用を足す時とて、わたくしがホジホジ助っ人・要介護5の現場だ。
この介護認定の犬がオーバーゼアにあるオリーブの木の所まで
たどりつけるはずがないのだから、いたわしや、これは濡れ衣やね。

ワンパク君らが描く壮大なスケールの創作は、
もうふた月ほどでやって来る楽しい冬休みの気の思い宿題、
楽しい作文で披露してほしい、と大人のわたくしは考えている。

posted by イイジオリーブ at 21:15| Comment(0) | 楽しみな冬休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

マスターミラー(搾油技術者)講座 in 小豆島


ゆだるような暑さにもめげず毎夏、
悠々、青々とツルを走らせるおとなりさんのサツマイモ。
その芋力にこれは素人に向く!と確信したわたくしは、
この初夏、初めて芋苗を買い求めに走った。

さて芋の種類は言葉を発して抑揚の良いものという理由だけでチョイスした
金時、安納、小金芋だが活字にするだけでもうまそうだ。

ところで三種苗の植え付けからのめくるめく数カ月間のことは覚えていない。
地獄絵図のような暑さで記憶をなくしたのかそれとも宇宙人に拉致監禁されていたのか、
とにかく庭は手つかずのままであったのだ。

そしてハタと気がつくと、
こころ落ちつく我が枯山水の庭園は、
雑草の餌食となり荒れ放題になっていた。
しゃぁないなぁと先日、草刈りを頼んで外出していたら
思いっきりのよいイモ葉カットのツルッパゲになっていた。
後は申し訳程度に残った芋ヅルが地面のここかしこにヨボヨボと這うのみだ。

かくてもあられけるよとあはれに見るほどに。
というわけで徒然なるままに夕空を見上げていてある疑問がアタマに浮かんだ。
それは葉のないツルだけのサツマイモが養分の宝庫である塊根つまりイモを、
地下茎に生産することはできるのだろうか、というものだ。

そこで友人や近所の芋博士にそのことを尋ねてみたところ、
「葉っぱなくしてどげな光合成ばするとな。イモができるわけがなかろうもん」
との迅速な応であった。
みんなの想像力と風情のなさにはおどろくが、
でも、なんとな〜く一理あるような。

しかし、一瞥をくれたその眼光鋭さは、
わたくしにイモ!といわんばかりであったが図星であることは否めない。

さて庭つながりでミッション、マンザニロ、
ネバディロブランコ、ジャンボカラマタ、
といった数本のオリーブの木にこれまでにない量の果実がついた。
なにしろ背丈の低い木の上に無施肥、無農薬、無放置状態なので、
このマジックにはおどろいている。
とはいえマイオイルにはえっちらおっちらだ。

そうそう、自分のオイルといえば10月に、オリーブオイルを搾油する
生産者及び将来搾油を予定している生産者にむけて最適な講座と題し、
オリーブ協会主催「マスターミラー講座イン小豆島」が実施される。
これは搾油者のみならずオリーブオイルに携わる者として学ぶ価値があると思う。
うかがいたいものだ。

な〜んて、うつらうつらしていると友人が電話をよこしてきて
オリーブの豊作なワケを、
「植物は自分の最後となるとドバッと華をさかせるんだよ。」と謎ときをしてくれたのだった。
はれま〜

posted by イイジオリーブ at 21:29| Comment(0) | オリーブオイルソムリエ協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

8月3日・アビーロ福岡でオリーブオイルの試食会講座


「里山涼し、お出かけくだされ」。
暑中見舞いにしたためたこの文言を真に受けて、
連泊を決め込んだ面々が来訪したのはちょうど昨年の今ごろだったなぁ。
自分が埋めた地雷を自分で踏んだも同然の惨事だっただけに、
まるで昨日のように脳裏に刻まれている。

それがうって変わってこの夏は森閑として、
一般常識が覆されたあの数日が幻のような中、
来たる8月3日(土)11:00〜12:00
アビーロ福岡でオリーブオイルの試食会が行われるのだった。
詳しくは日本オリーブオイルソムリエ協会まで http://www.oliveoil.or.jp/ 
当日、わたくしも会費の3.150円を握りしめ駆けつけん、
と意気込んだ矢先に重要ミッションが転がり込み無念の毎日だ。

そんな或る日、お散歩中のご婦人が
「その美しい木の名前は何ですか。」と、訪ねてみえた。
当然、オリーブのことだろうと思っていたが軍配は、
喬木化したグミの木の仲間のロシアンオリーブに上がったので
オリーブさんにはちょっと気の毒だったなぁ。

ロシアンオリーブはうねるような樹形が基本だ。
そしてその豪放磊落ぶりにますます弾みがついて、
他の植物とのテリトリー争いに及ぶので植樹場所は、
住宅ローンを組むににも等しくよくよく考えねばならない、とわたくしは考えている。

その上、新葉と旧葉の交代する今の時節、
庭はここかしこ掃き溜め状態と化し怒涛のアウトドアといっても過言ではない。
ところが、こうはあっても人気は高い。
どうやらその理由は風でくゆらす銀葉のグラデーションと
初夏に芳香を放つ淡いクリーム色の星形をした花にあるようだ。

こんなことは日常生活でもありがちだと思う。
物事の心象風景は瞬時に決まるから、
その場の雰囲気が高じると何の脈絡もない相手や構想が
やけに重要な事に見えたり思えたりすることがある。
特に夜間帯での酒席は、その時点でアタマがずいぶん麻痺しており
これからの険しい道のりなど先が読めずだ。
また燃費の悪さも各人、
お酒で脳メーターがやられているために計算不可能ときている。

のちのち、ちゃぶ台をひっくり返したり返されたりあるいは、
やおら、ぶち捨てたくなる相手や物件になるやもしれない。
そこで窮地に陥る一歩手前で立ち止まり、
たたずまいや所作などのそれぞれのスッピン度を、
よくよく確認了解しておくのがよろしいか、と。
でないと企画に無理が出て来るというもんだ、と。

そんな辻説法を説いてみたが
ご婦人の情熱は膨らむ一方なので挿し木で育てた鉢物を差し上げた。
挿し木といえばロシアンオリーブは、
人差し指程度の太さの枝を地面にただ挿しておけばすんなり根づいて実生もいける。
オリーブの木もこう楽だと苦労はないが、
つれないオリーブしぐさが魅力であって、
ロシアンオリーブのタイプでは神秘性が失われそうに思う。

管理場所はどこでも来いの大物で昼からやや日陰になる場所だと増長する。
しかもたまに栄養剤を飲むと、
よっしゃぁ、どこまでも行ってみよう、と、ベタギャグもやるタイプだ。
今後、ご婦人の健闘やいかに。





posted by イイジオリーブ at 17:00| Comment(2) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。