ソムリエ講座2期でご一緒したみなさん、『オリーブ2木の会』のブログが出来ました。
一緒にオリーブオイルの素晴らしさを発信しませんか。ご連絡お待ちしております。こちらまで。


●オリーブオイルソムリエって何?と思ったら →  (社)日本オリーブオイルソムリエ協会



2013年06月30日

獅子奮迅なオリーブオイル


何はさて置き、おとこ気が曝進する博多祇園山笠が明日に迫った。
博多は7月いっぴから15日の早朝まで六分の侠気四分の熱なのだ。
その怒涛のような活気がビル街にとどろくと博多の街に本格的な夏が到来する。

それはこの一年が早や、半分過ぎたということを意味するが
別考察すると丸い地球が同じくまぁるい太陽の周りをほぼ半周したことの証明でもある。
ニ、ニ、ニーチェかプラトンか、ガ、ガ、ガリガリ、ガリレオか。
計らずも年々、高速度化していく自分の中の暦を垣間みることとなるのだが、
「山笠きたりなば師走とおうからじ」と、時のうつろいをこころ静かに詠んで、
自暴自棄にならぬよう努めている次第だ。

広義においてはサマージャンボ宝くじの販売日近し、
引きつづき年末ジャンボでいっぱつ千金というところだ。
今、ふたつのジャンボが小さな灯明となり時の速さに
アタマが走馬灯のわたくしを懸命に支えてくれている。
このように一年も人生もコミックマジックで笑いを取るナポレオンズの
「あたまぐるぐる」に似て何度も回転するのだから、
どんなにこけても、つまづいても、泣けてきても命をむだにしないようにしたい。
ジャンボ・命

さて大陸交易の風を肌で感じながら
生活を営む福岡人の暗黙の交流空間といえば「屋台」だ。
仕事の疲れを癒すOLやサラリーマン、どこそこのオエライさん、
時事問題を「後は野となれ山となれ」と議論し合う口角泡を飛ばすが如しのおっさんたち。
それぞれ異なる組織や系統がいつの間にか垣根を超え
同じ尺度になるというのが屋台の不思議さと醍醐味だ。
ラーメン、もつ鍋、めんたいこ。
今、観光を思いお立ちの御仁は即行、
博多祇園山笠へ、というのは言い得て妙だ。

ところで山笠の後、筋肉痛で自爆する友人にこの度もたらされたひとつの朗報がある。
それは「シップ薬  貼る前に オリーブオイル」というものなのだ。
スプレー式鎮痛消炎剤ですらアレルギー反応を起こす友人によれば
患部にオリーブオイルを塗りその後に湿布パップを貼ると痒みが起きないという。

アレルギー体質のわたくしもさっそく試してみる。
翌日、痒みなし。
本日、3日目でありその後、いかような風体になるかは不明だが
これまでの働きはお見事。
わたくしはオリーブオイルの獅子奮迅ぶりにあらためて目を見張った。

しかし、それ以上に感心したのはシップ薬の粘着度の偉大さであった。
湿布薬はテープ類と同じく油膜に反抗してすぐさま剥がれ落ちると思っていたのだが
それは思い込みというものであると気がついた。
そして、油膜を物ともせず微動だにせず当方の白き若肌に、
果敢に貼りつく経皮鎮痛消炎剤外用薬は、
衣服の下で存在がぞんざいな扱いになる上に、
だれも見ていないのに地道な活動をしておりとてもエライなと思う。




posted by イイジオリーブ at 16:25| Comment(2) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

ミセス6月号・オンクラタキコ先生の魔法の言葉。


ちょっと前にお正月だったがこの一年も半分にさしかかり、
という内容のメールが届いてハタと膝を打って気がついた。
まいにち、雑多な生活をしておりすっかり山の彼方の〜になっているが、
そう、そう、来たる6月4日火曜日は日本代表の対オーストラリア戦だ。

特に今回はワールドカップ・ブラジル行きの切符をかけているだけに、
相手をたてたり謙遜が美徳とされるわが国民性もこればかりは譲れんのだ。
くわえて本戦行きをわが国で決めることになるかもねぇ、だから
その関心の高さはサッカーファンならずとも胸中ザワザワとおだやかではないだろう。

そこで司令塔であるザック監督の表情にうかがえられる余裕の有無に、
勝利の行く末を決める勘所あるのではないかと考える。
監督が就任以降、面相と頭髪の行く末を注視し
それを声援に代えてきたわたくしだが、
いまや参戦の度に重要なミッションとなっている次第だ。

ああ、えらいこっちゃである。
燃えるサッカーのテレビ中継となると狂祖の輩団が決まって手ぶらでやって来る。
その後、わが家はサッカー講釈のるつぼとなり酒羅場と化すのが従来だ。
そこで当日は先回りに出ることにした。
それは団長の瀟洒な長屋に表敬訪問という形で王手をかけ
有無を言わさずこちらがサッカーウンチク傾けるという作戦および対策である。
青は藍より出でて藍より青し。

さて今夏、自然栽培のトマトを
清々しいオリーブオイルで腹いっぱい食すべく
数種類のトマト苗を育成している。
トマト栽培は初めての試みなのでうろたえていたところ、
いま発売中の「ミセス6月号」の誌面は、
トマト女史・御倉多公子先生のトマト四方山話しに目が止まった。

オンクラ先生いわく、
もともとトマトは砂利土出身の植物ゆえ、
たいそう強靭であるからかまえずのんびりと育てよと。
なるほど、四角四面に取り組まなくとも吉につながるようだ。
さすがは「トマトマニア」の著者だけはあり
啓蒙も成功させる魔法の言葉だな、と感じた。

posted by イイジオリーブ at 17:30| Comment(0) | トマトマニア・御倉多公子先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

こころ馳せて


二子玉川ライズで開催のオリーブジャパン2013に、
こころを馳せながらタケノコを茹で昨日よりピクルスの製造に勤しむこの両日。
齢九十はとうに超えたじいさまが届けてくれた春の風物詩も
馬が喰らうほどの量があっては、さすがにヒヒヒ〜ンだ。

しかし、長老をいたわらぬ者は、夜に河童が出てきて舌をひき抜くぞ、
と、いう言い伝えが村でまことしやかに囁かれていては、
笑顔でサンクスと述べる他は術が無いのである。

ところがそれを受けたじいさんが、
「明日も掘ってくるぞい」と意気込んで踵をかえそうとした。
これはたいへんマズイことだ。
馬は1頭のみでパンダはいない。
それに日長一日、タケノコの皮むき作業など、
とっくにウンザリ気味のわたくしは、
「どうせなら アクぬきをして とどけてね」
と、五感をフル全開にした句を、やんわりとぶっ放して防御態勢に入った。

するとじいさんはへの字口のギミアブレイクな表情をしたがその拍子、
おっとっと、前歯が上唇を持ち上げたではないか。
次にすぐさま、その歯がいっきにぐわ〜んと前へ付き出てきて、ひえ〜、こわ〜い。
なんとそれはおもちゃのように妙に赤みが差した部分入れ歯であった。

その後、入れ歯は右口角へとずれまくりそこに間髪容れずじいさんは、
口をカバのあくびのような形状にしたかと思うと口を閉じ
イーの状態の微妙な動きをさせて移動している入れ歯を、
元のあるべき所定地にうまく納めたのだった。

おおお、お見事。
ウルトラ入れ歯戻しを巧みにあやつるじいさんに座布団10枚!

ふぁ、ふぁ、ふぁ、この程度はザラじゃよ。

さすがは師匠。
入れ歯には遅かれはやかれお世話になる身のわたくし。
その技を修業をさせておくんなまし。

そうか、そうか、弟子を取るなら若い女子と思っておったがきょう日、
かような少子化社会では仕方があるまい。
一心不乱にはげむがよし。

とかなんとかじいさんとの弾む会話に気がつけばバンブーピクルスの山だ。
他には昨年よりは小粒だがたくさんのツボミをつけた
アーティチョークも混ぜて追加した。
オイル漬けならもっとおいしいにちがいないし、
オリーブジャパン2013に訪れていれば
選りすぐりのオリーブオイルに恵まれたことだろう。
本日も終盤のころ。
みなさま、ほんとうにおつかれさまでした。




posted by イイジオリーブ at 17:07| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

OLIVE JAPAN 2013*4月27日(土)~28日(日)*二子玉川ライズ ガレリアにて


春陽のまぶしい時節。
来たる4月27日(土)~28日(日)の両日、
二子玉川ライズでオリーブジャパン2013が催される。
今回は協会主催の祝2回目となるオリーブ祭典だけに、
いまからとても楽しみにしているところだ。

オリーブアンバサダーはおうつくしいかの道端カレンさん。
われらがオリーブ男子の神宮司治さんはレミオロメンでおなじみだ。
おふたりの美しくもさわやかな微笑みと洗練された所作が、
オリーブオイルの魅力を語る上で百の言葉よりも雄弁であることが実感される。

そこでオリーブ大使や男子がいるのだから
オリーブじいさんやばあさんがいても何ら不思議はないと考えるのだった。
老境におけるおふたりのここでの役割は、
健康管理と免疫力アップに一役買うオリーブオイルのシルバーレシピの開発にある。
モノがオイルだけに決しておとしよりの冷や水にはならないのだ。

さて、「マイオリーブオイルを搾りたい」という素人の無謀な欲求のほとばしりで
日本オリーブオイルソムリエ協会に足しげく通ったのは、はやくも3年前の春のことになる。
その切り返しに遠距離通学と仕事の両立という問題の参戦となり
体力・時間・支出の3エネルギーを放出したが、おかげさまでへこたれることなく修了した。
このことは笑顔・腹筋・腹八分の苦行が三日で終わる自分としては画期的な事だ。

ところで昨日、重々しく抱えていたふたつの決算がようやく終わり
気分がのんびりとなったので、なんとな〜くそのことをふり返ってみた。

行動を起こすための要因はなんといっても気力・活力だ。
しかしわたくしは平成生まれのピキピキではなく
どちらかといえば東京〜博多間の往来で死にかけたほうだ。
またノドから手が出る容姿端麗とか
性格良好とかいう四つ字熟語にもほど遠く
金の生る木を植えているとか、
うっしっし、天下往来の長者番付表に名を連ねているのだわさ、
とかいうホネある背景もない。

だとすると好奇心だったのかもしれない。
長時間に及ぶ授業の内容から派生して徐々に判明した
凡百あるオリーブオイルの味覚の高低差が示唆する裏事情を、
もうすこし探りたいというきわめて下世話な欲求を満足させんがため、
という気持ちが下地にあったように思う。

とはいえオリーブオイルソムリエの仕事は
人の良心に繋がる務めであるという奥深さを、
肌で感じたことが課程修了にこぎつけた最大の理由だと確信している。

posted by イイジオリーブ at 16:28| Comment(0) | 日本オリーブオイルソムリエ協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

ひあしのぶ


今朝がたの雨模様の天気からは想像のつかない陽光で、とても気持ちがいい。
その中を、山のふもとに目を向けると茶飲みカレシのじいさんが
曲がった腰をさらに低くして、草取りにはげむ姿が見てとれるのだった。
それはまるで憑かれているかのように一心不乱。
これこれじいさん、
いい加減になさらんとお腰を痛めますぞ。

さて先ほどは、こちらに向かって飛んで来たスズメが窓ガラスに体当たり。
曇りひとつない窓ガラスたるゆえんだろうか。
気の毒なことをしたと思うや、
その弾みを利用するかのように曲線を描いて、いま来た方角へと飛び去って行った。
地面にたたきつけられて失神するかわいそうな鳥たちの多い中、やたら元気だ。

そして畦では昨日まで貧弱だったツクシが
いっせいに背筋を伸ばしてここちよさを唱えている。
しかし、春の風物詩も度を超すほど密集すると鳥肌が立つものだなぁ。

なんでもほどほどだけど
どれひとつとってもすべてが活発そうに映るのは、きょうのお日和効果かな。
それとも今、日本がすこし元気になりつつあるからかな。
日脚が延びるのといっしょに景気先行指数も伸びますように。

posted by イイジオリーブ at 16:30| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。